« ぼくたちの日々 | トップページ | また模様替え »

2009年1月22日 (木)

ノスフェラトゥ 戦術(暫定版

花鳥風月のノスフェさん、イヤなヤツですよね。
うちの花鳥LSでも毎回苦労してるイヤなやつなんですけど、
先日やった戦術が今までで一番マシだったような気がするので書いておきます。
 (犠牲者が少ないって意味で数字的にマシだったって事です。)
しばらくノスフェやらないと思うんで、私も忘れそう・・・つーわけで急いでメモメモにゃ。

うちの花鳥LSは、トリガー持ち込んだ人がそのNMの戦闘指揮をとります。
形としてはリーダー無しの相互お手伝いLSってやつです。
先日、私が指揮する機会がありました。
今日書くのはそのときの戦術をさらに改良したのです。
多分このやり方で安定化できると思います。
一応、最低人数だと思ってる12人で書きます。
この構成を基準に、召が多いほど楽になります。

構成  ナナ白赤詩詩  詩黒黒召召シ  (@召が多ければ多い方がいい

各ジョブの基本的な役割

盾PT
ナ/忍  盾 ロイエで削り
ナ/忍  同上
赤/忍  リフレへイスト、 緊急時のグラビデ&キーパー
白/学  ヒーラー
詩/白  盾歌、 後衛歌  カーズナー
詩/黒  盾歌、 後衛歌、 印エレジー管理

アタッカーPT
詩/黒  バラ、印エレジー管理、 魅了された人に達ララ
黒/白  スタナー、 カーズナー、 (精霊は無くてもいい
黒/白  同上
シ/忍  トレハン、盾にだまし 通常攻撃無し
召/暗  アタッカー  予備スタナー
召/暗  同上

12人中、詩人3人という極端な構成です。 詩人軸な戦術。
しかもアタッカーも少ない。 これでもいけます勝てます。
時間かかるけどね。

戦術的には、まず湧かしたノスフェラトゥをエリアチェンジ付近まで引く。
エリア利用してヘイトを抜くってより、エリチェ付近の段差利用が目的です。
万が一のフロウ、あのナナメの場所で戦えば盾が浴びるだけで済みます。
(が、戦略としてはフロウを止めるので念のために段差利用です。

まず、パラニン2枚でノスフェを挟みます。 2枚盾です。
で、盾にかける強化魔法は普通にやっちゃってください。
プロシェルリフレへイストマチマチバラバラファラ2など、強化てんこ盛り。
ノスフェは強化魔法を吸うので、盾の強化は最低限がいいという考えもありますが、
逆に考えればいいのかなって。
いっぱい強化吸われるのなら、吸われた強化を消せる人間を増やせばいい。
ゆえに詩人3枚。 (ディスペルは効かないので。
ドレスパを消すにも詩人が必要なので、詩人重要ですよ。

それともう一つ、詩人サポ黒を2枚にします。
これは印エレジーを当てるため、ただそれだけです。
エレジーが入ってるのと入ってないのでは盾の余裕がまるで違うから。
詩/黒な人2人で印エレジー管理をやってもらいます。

次、この戦術のキモとなる黒さんの役目。
ぶっちゃけ、精霊無しでいいです。削りよりもやってほしい役割はスタナー。
ノスフェには精霊の通りが悪いので、アタッカーとしては動きにくいと思います。
精霊撃つのもいいけど2桁ダメでも4桁ダメでも敵TPが同量貯まることをお忘れなく。
そんな敵なので、スタンメインで動いてもらいたいのです。
ノスフェ、通常はスタンをほぼレジしてしまうと思います。
が、スタンが入るタイミングがあって、 (これ意図的に設けてあると思う。
そこにスタン飛ばして欲しいのです。

スタンを飛ばす局面は2つ。
ノスフェが下僕を召喚している召喚モーション中。
ノスフェのアストラルフロウ直後、技発動前。
この2つの局面だと、なぜかスタンが入ります。
これを止めるだけで盾の生存率が大幅に上がるので、
ぜひ止めてもらいたいんです。
もう一つの役割は、カーズナー。 これも重要。
一応、盾の2人は死の宣告を避ける動きをするのですが、
それでも毎回避けれるとは限らないので、もし食らったらカーズナ連打。

次、メインアタッカーの召喚の役目。
とにかく削る。 リキャストごとに。
私がノスフェの指揮をするときはガルーダの使用を禁止します。
スピニングダイブ一本でいいです。 これしかいらない。
ガルーダ禁止の理由は簡単かつ画期的かつ未来的かつ前代未聞的理由。

なぜガルーダ禁止か・・・・それは命中率でもダメでもなくて、
それはガルーダが緑色っぽいからです。 
ノスフェラやるときは緑ウザイです。 ガルーダ邪魔すぎ。
だって、ノスフェが下僕を召喚中のエフェクトの色って・・・緑っぽくないですか?
手前にガルーダがいるとこれが見えにくいんですよね。
スタナーがそのエフェクトを見逃さないためにも、見やすくしたい。
召喚獣でジャマしちゃだめですわ、召喚が多いときほどね。

そう考えると、ウナギダイブに絞られてしまう。
向こう側の見易さとダメのバランスで考えるとやっぱりリヴァイアサン。
タイタン? それもだめですよ? 元から画面占有率がスゴイから。
と、こんな感じでダメとか追加効果以外の理由での召喚獣選択。
こういうのって大事だと思ってますよ。 とりあえず私はやってます。
魔法などのエフェクトはコンフィグで消せるけど、召喚獣は消せませんからね。
少しは他ジョブ様に気をつかっていきましょう。

大体、こんな感じの戦略です。
エリチェ付近でやるけど、エリチェの必要は殆どないと思います。
盾2枚で挟めば、片方が魅了されてもその人を寝かすだけです。
で、魅了が解けるまでしばらくピン盾で粘ってもらいます。 
そこでフル強化魔法と歌、そして印エレジーが生きてくると思います。
万が一強化を吸われても、エレジー3枚あるわけですしね。
で、皆で盾を守る。 盾さえ生きてガチして召喚が削り続ければ、
いつか終わります。

以上、ノスフェの極端な戦術でした。
私が戦術を組むと、大体戦闘時間が延びます。
アタッカーを極端に減らしたりしますからね。
でもそれでいいんだと思ってますよ。
アタッカー増やして力押ししてうまく行けばいいんですが、
崩れたりしてマラソンになっちゃうとたて直しに時間食いますから。
そうなると結局戦闘時間延びちゃうよ。

なら、最初から時間かけるつもりでいっちゃおう。
そのかわり、出来るだけ戦闘不能者の出ない安定戦術を組もう。
限られたLS人員の中で、出来るだけ安定化させよう。
私が戦術を組むときはそういう考えでやっています。

私が所属している花鳥のLSは、戦術を自分で持ち込む事ができます。
トリガー持ちがその時の主催者となり、指揮する形です。
このルールがちゃんと機能してるかどうかは別として、面白いLSです。
各自が考えた戦術を見れるわけですからね。

今回のノスフェラトゥでは私がトリガ持ち込み&指揮だったので、
かなり細かい事まで言わせてもらいました。
全員分のジョブとサポまで指示しましたしね。
私風味の極端な戦術なので、細かく言わないとわかってもらえないかもだし。
私としても自分の考えがベストだと思ってるわけじゃないんですが、
私が指揮するときは私に従ってもらいたいですしね。
その分、私以外の誰かが指揮するときは私も素直に従いますよ。

まー、私に指揮させると、ぶっちゃけウザイと思います。
すぐ極端な事やりたがるし。 細かい事言うし。 時間かかるやり方組むし。
でもいいんですよ、勝てるんだし。
非難は負けた後に受けましょう^^

さぁ、次は誰がどんな戦術を持ち込んでくるのか楽しみですよ。
うちの花鳥LSでは出来るだけ全員に指揮をやって欲しいと常々思っています。
わざわざLSリダにならなくても、指揮する楽しみを味わう事が出来るLSなんだから。
指揮する楽しみも、FFのアソビのうちだと思っています。
でも、指揮肌の人間とそうでない人間がいるのもまた事実なんですよね。
私はおそらく前者だと自分の事を認識しています。
指揮には指揮の悩みどころは確かにあるんだけど、
装備集めとレベリングだけじゃ・・・このゲーム飽きちゃう人なんです(笑)

 

|

« ぼくたちの日々 | トップページ | また模様替え »

戦術提案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071386/27346699

この記事へのトラックバック一覧です: ノスフェラトゥ 戦術(暫定版:

« ぼくたちの日々 | トップページ | また模様替え »