« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

麒麟戦 Rep SA

まずはじめにお断りを。
今回の記事も果てしなく長いです。 いつもの事ですって?
ええ、そうですともいつもの事ですよ。
最近長文化傾向がすごいことになってます。
これは何とかならんのか? なりません。
長文嫌いの人はこのブログを訪れないはずです。 多分。
だから遠慮なく長文化が進んでいます。
ついでに、この記事書いてる人は携帯からのアクセスも考慮しておりません。
申し訳ない。

今日の記事は、またまた麒麟のRepです。
今回の実戦闘参加人数12人で、今回も召喚は私一人です。
私のブログって空NMが出てくること多いんですが、
今更空NMとか・・・・って言わないでねっ
私も長い事空活動参加してるんですが、ずうううううううっと同じNMをやるって事は、
敵を同じのままに、自分の装備や動きを変えた場合のデータが取りやすい。
しかも、空NMってレベル的にはヴァナ最強クラスなんで、
いろんな意味で参考になるデータが取れます。 思考材料に最適。
私が空に通い続けている最大の理由がコレです。
そして空の経験を他の敵に生かしています。

今回、いつもと違う事というか、動きを徹底して削りのみに振ってみました。
あと、私の装備も前とちょっと変わったのでその実験も含めて。
そういうわけで今回のRepは、麒麟戦Rep SA (Sukoa Atakku)となります。
現状装備を活用して自分が麒麟戦で何処まで削れるか試してみました。
私が削り特化召喚士をやると激烈なバカになります。 
わかりやすく言うと電脳筋化症です。 逆にわかりにくいかも?

まずいつもの動きなんですが、
実は私、いつもは本体戦でリキャごとに履行をしていません。
麒麟が魔法を使うタイミングが来たら、リキャきてても撃ちません。 
ガルーダだしっぱのまま麒麟のややイン側を走っています。
麒麟の魔法がスリプガだった場合、ケアルで誰かを起す役目をしてます。
もし自分が寝てしまっても、サクリフィストルクで起きれますからね。
これがガルーダだしっぱの大きなメリットですね。
いつもはこのくらいの余裕で削っています。
これはリーダーの指示があってやってるわけじゃなくて、私が勝手やっています。

で、今回はというと・・・
寝た人を起こす役目を勝手に放棄しました。 
いつも自己判断で勝手にやってるから、放棄するときだって勝手に判断。
さすがライセンサーだぜ。私。
でもサボってるわけじゃないからね? メンバーを信用しているだけ。
今回私がいたPTはリフレバラ付きの贅沢なPTだったので、
バラの範囲外に出ないよう、私の動く範囲も最小限にしました。
いつもはそんな事気にせずに走り回るけど、今回はヒトサマの力も利用しまくり。
あと、サイフォンもほぼリキャ毎で、10秒も余らせちゃいないです。

それとハイスピードヒーリングも実行。
ヒーリング開始から18秒までリフレ装備。19秒でhMP装備。
21秒でまたリフレ装備に戻し、29秒が来たらhMP装備に変える・・・
要はヒーリング発動の瞬間だけhMP装備で、後はリフレ装備。
これを10秒サイクルで行います。 すげーメンドクサイけど効果はあります。
今のところ私のhMP装備はクッキー込みで+41なのですが、
上記のメンドクサイ作業でさらにhMP+2~3近い効果が見込めます。
とにかくMPを作って、それで何をしてたかっていうと、

目標を狙い撃っていただけだ (キリッ

ただただ無心でリキャ毎に削りました。
いつもは割とP会話とかで喋り捲ってしゃべりすぎなウザイ人ですけど、
今回、本体戦の間は一言も発言してないような。
いつもなら四神が終わって麒麟本体の攻撃に移行する際、

「ファーストフェイズ終了。 麒麟に対し武力介入を開始する。
        狙い撃つぜえええええええええええええええええええええ!」

とか、こんくらいアホな事言う人なんですよ。 つーかガノタってウザイね。
で、今回はっていうと、MPと履行数を増やすために無駄思考を徹底的に排除。
必要最低限の事しか考えてなかったと思います。 あんまり覚えてないけど。
そのくらい削りのみに集中してみました。
で、その結果は。

まずスペック

ウインドブレード5  グランドフォール5
魔法攻撃5  物理攻撃5
履行リキャ46秒  召喚スキル337
前回より召喚スキルが7上がっています。 (スキルの効果は後述します

ではまず麒麟本体のみのRep

与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ __遠隔___________
Garuda________ __24661(_28.6%)[_48302/h] __2281[__83/_182] ______[____/____]
狩   ________ __11110(_12.9%)[_21761/h] ___105[__41/__70] __6592[_115/_144]
黒1  ________ __10351(_12.0%)[_20274/h] ______[____/____] ______[____/____] 
黒2  ________ __14233(_16.5%)[_27877/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒3  ________ __10422(_12.1%)[_20413/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒4   ________ ___8030(__9.3%)[_15728/h] ______[____/____] ______[____/____]
侍(途中参加___ ___7379(__8.5%)[_14453/h] __1013[__33/__81] ______[____/____]

次は召喚される四神を含めたトータルRep  (こっちのRepが重要

与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ __遠隔___________
Diabolos________ ___2443(__1.9%)[__3744/h] ____53[___5/__17] ______[____/____]
Garuda________ __26754(_20.9%)[_41002/h] __2500[__91/_193] ______[____/____]
Leviathan_______ ___1817(__1.4%)[__2785/h] ___134[___5/__10] ______[____/____]
狩   ________ __16608(_12.9%)[_25453/h] ___105[__41/__72] __8633[_135/_164]
黒1  ________ __14482(_11.3%)[_22195/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒2   ________ __21610(_16.8%)[_33119/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒3  ________ __16731(_13.0%)[_25641/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒4  ________ __15993(_12.5%)[_24510/h] ______[____/____] ______[____/____]

召喚獣の総ダメージは  31014  これが四神込みで私が出したダメです。

電脳筋化症に侵された激烈バカ召喚士が出したこの結果はいかがでしょうか?
ブログを見て下さってる方、判断お願いします。
たまになら、こういうバカな動きをやってもいいかなって思う。

で、私がとても重要視してる召喚スキルの効果。
魔法攻撃スペック同じで、スキル違いのものを張っておこう。

前回、召喚スキル330の私
与ダメ・その他   _________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Garuda______ ウインドブレード___ _10772 _718.1[1005/_117] 100.0%[__15/__15]

今回、召喚スキル337の私
与ダメ・その他__ _____________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Garuda__________ ウインドブレード_____ _22380 _828.9[1046/_235] 100.0%[__27/__27]

330に対し、337ではすごく命中が上がっています。
上のスキル帯、そして強敵だとスキル+7でこの差が出ます。
私のやり方だと最大ダメージにばらつきが出るのですが、
これは私が出しっぱなしにしてTP貯めて撃っているいるせいです。
魔法攻撃のスペックは同じなので、平均ダメージの差は単純に命中の差。
フルダメージ率の差になります。
これが、私がずっと感じてたものです。
召喚魔法スキルの罠 ← この記事も合わせてごらん下さい。 というか見て。
一応、私の持論です。 多分。

この、スキル帯の上の方で命中が伸びるっていう持論というか体感は、
強敵でその差がはっきりと出ます。 ものっそい体感できます。
これはもしかしたら、魔法命中率と魔法回避率の比なのかなとか思っています。
ややこしー計算式はわかりませんし、召喚獣とPCで同じではないので、
その辺を私が完全に調べ上げる事はしません。 つーか私には無理。
そのうち計算式とかはっきっりするのかな? もちろん、私以外の誰かの調べで。

私的には「スキルを上げれば命中が上がっている」 この結果だけで十分です。
召喚士はヘイスト装備と命中装備を同じ部位で両立させる事が出来ます。
リキャ短縮装備で履行指示>>ゴゴゴ・・ってなってる間にスキル装備に着替え。
これで両方の効果が得られるのだから、簡単なもんです。

ヘイスト装備と命中装備のバランスが・・・とか考える必要もなし。
両方おいしくいただけばいいっていうそれだけ。 
でも召喚士のヘイスト装備(リキャ短縮装備)は意識しまくらないと機能しません。
意識してリキャ毎に履行を撃ってこそ結果が出るというマニュアルへイスト装備です。
ヘイストと命中を両方意識して、両方の効果をおいしくいただいた結果が、
本日張ったRepです。

リキャ短縮装備、スキル装備、維持費ー装備、hMP装備、リフレ装備、
私が 「HNM系召喚士に有効だ」 と思っている装備郡を使いまくると、
今回のような結果が出ます。 これが装備のチカラです。
今まで明言する事を避けてきましたが、今日はハッキリと書いておきます。 
私の装備は、召喚士的にかなりの装備が揃ってしまっています。(最高ではないケド
ごく一般的な召喚士さんだと、今回の私のような結果を出す事はできないと思います。

だからといって、「私を目標にしてがんばってください」とか、
そんな胡散臭い事を言う気はありません。
ただ、ここまでやっている召喚士がいるって事だけは覚えておいてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

プロトアルテマ 戦術

前にもちょっと触れてた召/暗。
今日はアルテマ戦に絞って詳しく戦術を書きます。
うちのリンバスLSの伝統芸能ともいうべき「サモアン戦法」。
ぶっちゃけ私の思いつきで始まったような戦術なんですが、よく出来てると思います。
与TPを極端に減らして敵WSを減らし、かつ大量のスタンで行動停止時間を作る。
しかも殆どのダメージへイトは召喚獣が持つので固定が楽という、
そんな盾にやさしい戦術です。 (盾に甘いが正しいケド
本日Rep付き。 久しぶりにRep張るような?
先週アルテマ行ったのでそのときの構成丸ごと書きます。

盾PT
ナ/忍 赤/忍 白/学 白/暗 赤/白 詩/白

アタッカーPT
召/暗 召/暗 召/暗 召/暗 青/シ 赤/暗 

あまりモノPT  (ライセンサーの二人とも言う
黒/白 召/暗 ←私

今回14人のこの構成で行きました。 これだけ人数いれば余裕の安定構成。
実際、10人以下でも可能ですが人が集ってしまうのがうちのLS。
最低人数として、盾PT+召/暗が3人いればゴーサインを出すのですが、
後から後からメンバー来るから毎回結構な人数での戦闘です。
今回は魔法スタン数8枚、スタン履行やスタン青魔法まで入れるとものっそいスタン数。
盾が非常に楽できる戦術です。 むしろ盾に楽してもらうために考えた戦術。
盾が楽ってことは、それはつまり被弾が少ないってこと。
被弾が少ないってことは盾PTのメンバーが楽で、PT内で回復用MPは余裕で回る。
盾PT外にいる召喚はサポ白にする必要もありませんし、サポ白の意味がありません。
召全員がサポ白だとこの戦術は逆にキツくなると思います。
というか成り立ちません。
  

やり方としては特に難しい事はなく、
赤盾とパラニンの盾PTでアルテマのタゲを維持しつつ、召が履行で削ります。
青の役目はディセバで毒を入れる事とだましうち、青魔法での削り。
黒の役目は精霊弱体とシタデルモード終盤での追い込み。
赤/暗の役目はディシペを狙ってとめる事。

召/暗の動きですが、
基本、リキャストごとに攻撃履行です。
月齢次第では誰か一人がルナークライの管理をしてもいいでしょう。 効きます。
召PTでは誰かが真空をしたり大地をしたりで、突然飛んでくるホーリー2に備えます。 
後は各自の一番自信のある攻撃履行とか、70履行いろいろ試してもおk
物理無効が来たらプライムかネザーに切り替え。
で、履行リキャの間にスタンを撒くという感じ。

スタンは、特に順番を決めてまわす事はしていません。
ただばら撒きな人もいるしWS止めを狙う人もいます。
両方のタイプのスタナーがいたほうが上手くいくと思います。
私は、座ってる召喚士が多いようなら座りません。
その場合は攻撃履行をやめてWS止めスタンに徹しています。
こうすることでスタンの隙を減らすことが出来ます。

万が一、戦闘不能とか回線切断で運悪く盾が1枚になってしまった場合ですが、
その場合は召喚全員ラムウ呼んでカオスストライク廻しに移行。
カオスストライクのスタン効果は非常に長いことと、サポ暗スタン効果ですごい事に。
アルテマが固まりっぱなしになって、残る盾の生存率が大幅に上がります。
まるで連続魔スタンのようなカオスマジック状態。 結構笑えます。

で、もう一人の盾が復帰し次第各自の一番自信のある攻撃履行に戻します。
つか、召喚の枚数が多いときは最初から最後まで全員カオスでも・・とか思ってたり。
でも、戦闘時間短縮を考えるとやっぱ他の履行がいいかな。
カオスの平均ダメはどうしてもプレデターやスピニングの下になっちゃうから。
戦闘時間の短縮は総被ダメの軽減に繋がるって事で、やっぱり削ろう。
んまぁ、本体もサポでスタンできる事を考慮すれば履行は各自判断でいいと思います。

シタデルモードに入ったら、もう押せ押せです。
タゲを盾にもってもらいつつ、延々と履行で削り。とにかく削り。衰弱していようが削り。
シタデル時のタゲを自分の召喚獣が取った場合だけ、出しっぱなしにしています。
召喚獣生贄作戦ですね。 でもシタデルは構えの途中でタゲが変わるので、
結局ナイトか赤盾がタゲもってる事が多いです。
うちの盾はシタデルごときじゃ死にません。 というか死ぬ人は盾やれません。 
シタデルのダメを0にしてしまうツワモノだっていますから安心です。 
 

んじゃRepを張ってみよう。

総狩り時間[戦闘/間隔]:24m6s[24m6s/0s]

与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ __遠隔___________
Garuda__________ __30201(_67.7%)[_75189/h] __1536[__86/_139] ______[____/____]
Ramuh___________ ___1404(__3.1%)[__3495/h] ____71[__10/__17] ______[____/____]
Leviathan_______ ___2165(__4.9%)[__5390/h] ___117[___5/___7] ______[____/____]
Shiva___________ ____690(__1.5%)[__1718/h] ____21[___8/__11] ______[____/____]
Titan___________ ____482(__1.1%)[__1200/h] ____20[___2/___3] ______[____/____]

青/シ __________ ___5761(_12.9%)[_14343/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒/白___________ ___1154(__2.6%)[__2873/h] ______[____/____] ______[____/____]

スキル様々、装備様々な5人の召喚のまとめRepになります。
参考までに黒と青も入れてます。 (この2人はスリッパーなのでRepより削ってます。
Repで解析すると全員分の召喚獣が一まとめになってしまうので、
誰の召喚獣がどのくらい削ってるか・・・ってのは判断しづらいです。
実際は強い召喚士とそうでない召喚士に相当の差が出てるのは明らかなんですが、
でもそんな事はどうだっていいんです。 アタッカー全員で削ってるわけですからね。 
召喚獣の総ダメを召喚士の人数で割れば、召喚士の平均が出ます。
その平均値が、ジョブとしての召喚士一人の削り量となります。
今回の場合だと召喚獣が出した総ダメージは34942。
召喚一人あたり6988.4のダメですね。

私、アラ内とかPT内に複数の同じジョブがいた場合、
こんな感じでジョブの平均を出すような見方をよくやってるんですよ。
そうすれば、個じゃなくてジョブとしての性能が見えやすいと思っているので。
今回のRepはそんな感じで5で割って見てもらえると嬉しいです。
それがアタッカー召喚士のダメです。
このダメージにはほぼノーへイト、超低与TPという見えない成分が含まれています。
Repじゃ見えないところだけどこれは重要なこと。 てゆっかキモです。

現在私は、リンバスLSのリーダーをやっております。
チョット前までフレがリーダーをしていて、私もそのLSに在籍しておりました。
そのフレの引退に伴い、私がリーダーを引き継ぐ事にしました。
元々、私が作ったルールをベースにフレ達が作ってくれたようなLSで、
私も戦術等には意見をしていたLSなので引き継ぐ事には割と抵抗無しでした。

で、このアルテマ戦の召サポ暗戦法はフレがリーダーしてた頃からのものです。
その頃に私が提案して、あっさり成功・・・今に到ります。
LSメンも召喚持ちのメンバーを私が集めたわけではなく、
メンバーが揃ってみたら偶然召喚持ちが多かったって感じで、
それならって事で召を生かし、盾を殺さない方法は無いかなと思って考えてみました。
私が提案し、いきなり成功した日からもう何年も同じ戦術でやっています。
リアルの事情で私は1年近くFFを休んでいた時期があったのですが、
私がいない間もずっと同じ戦法だったようです。
うちのデフォルト風味な戦術として完全に定着です。
そして、この戦術はスタン耐性のない他の敵にも応用が効きます。

召喚士には他のジョブに無い性能があります。
それを生かす事は他ジョブ排除になりかねないって事も重々承知しております。
リーダー、または戦術提案者として、
メンバーにジョブ指示を出すことにも少々重圧を感じます。 いやほんと。
だけど戦術を提案する側としては、みんなが楽になる方法を考えたい。
限られたメンバーの持ちジョブの中で、どうすれば確実な方法がとれるか?
そんな事をよく考えています。 しかも仕事中に。

イロイロ考えているうちに思いついた戦術。
召喚と赤盾、両方をやってる私の視点から思いついた戦術。
超低与TPかつ超低へイトという反則ジョブの性能を生かした戦術。
私が出した一つの答え、それがこの「サモアン戦法」です。
興味を持たれた方はぜひお試しあれ。
アナタの常識がひっくり返ります。 多分きっと、それなりに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

ネザーブラストの罠

罠シリーズ第二弾。
今日は 「ネザーブラストの罠」 らしいです。
まーたこの人はシリーズ化するんだ? 途中で満足してやめちゃうくせに。
意地の悪い傍観者的にこのブログを見るとそんな感じだけど、
でそれでいいんだと思います。 多分。きっと。第二弾で終わるかもだし。
私が必要以上に書かなくても、読んでくださった方が何かを考えてくれるはずだから。
実は私、このブログに書いてる記事の10倍くらいは召喚の事を考えています。
嘘。 そんなに考えちゃいません。

私、時々嘘をつくので注意してください。
こう言うと「私は時々嘘をつく」ってのも時々つく嘘の一つの可能性が出てきます。
時々嘘をつくという嘘をついてるかもしれないってことですね。
つまりそれは嘘をつかないという事なのでしょうか?
いいえ、時々嘘をつかないという意味かもしれません。
てゆっか、嘘じゃない可能性もありますね。
はいはい、こんな事を書いてる私は信用できるんでしょうか?
私は信用できないと思います。 でもそれも嘘かもしれません。
混乱してきましたか? 私は混乱してきました。

とてもさわやかな感じで始まった今日の記事のお題は・・・なんだ?
あぁ、「ネザーブラストの罠」です。
ネザーブラストについて思う事を書きます。
何だかんだ言ってみても、私はネザー好きなんですよね。
すげー便利だし、使いやすいし、 あとやっぱりある意味強い。
魔法系に属するプライムとネザーを比べて、どっちが上とか言う必要も無いし、
どっちが強くてもいいと思う。 なぜなら、両方召喚士の技なわけだから。
その場その場で使いやすい方、効果的な方を使うってことで全て解決。

で、ネザーを使うかプライムを使うかどこで切り替えるかというと、
本体の装備だったり状況だったり敵だったりで切り替えポイントが変わると思う。
装備(主にスキル)が整ってくるとプライムの方が上になる事が多いのだけど、
だからといって「ネザーイラネw」にはならないと思います。
このあたりは経験積んで切り替えポイントを探していくしかないかなぁ・・・
私のブログで数字と文章を使って「こういう状況ならネザー」って言うことも出来るけど、
それはあくまでも私の装備で私のFF環境内でのハナシになっちゃうので、
今回は却下。 いつか書くかも?
一つ言える事は、「状況によって私はネザーを使っている」って事ですね。

で、そんなネザーブラストがなぜ罠なんだっつーハナシなんだけど、
簡単に言うと「強すぎる」からなんですよ。
練習相手だろうが麒麟だろうが、撃ち手が75なりたての召喚士だろうが、
とにかく508のダメが出る、累積耐性や天候や魔法防御に食われることはあっても、
レジというモノが無い。 (と言ってもいいくらいだと思います)
んで、本体のスキル装備とか完全無視でも命中してしまう、
しかもちょっとhMP装備を揃えればリキャ毎永久ネザーブラスターになれるし。
とにかくオソロシー特殊魔法攻撃なんですよね。

そんな履行だから、ぶっちゃけ装備手抜きでもそこそこ結果を出せるし、
廃装備でも手抜き装備でも敵が弱くても強くても同じダメ。
「召喚士は装備差が出ないジョブ」と言われる大きな原因を作ってしまったのかもね。
これが廃装備だとネザー一発のダメが上がるなら装備の評価も違っていたでしょう。
本当は現状でもネザーは装備差が出るんですけどね。 総ダメ的に。
でも、一発のダメが変わらないから華が無いっていうのかな。
何装備しても同じですって?←この記事にもネザーの事を書いています。
キモは履行リキャマイナス装備。

で、ネザーの何が問題かといいますと、
ネザーが手抜き装備で十分通用するからといって、
同じ感覚の手抜きでプライム履行を使ってもネザーの方が強い事が多いんですよ。
プライム履行はある程度スキルを上げておかないとレジが酷い。
ネザーはスキル上げなくててもほぼフルダメ。
これの差で、結局ネザーの方が削れるっていう結果になってしまう。

この結果を、スキルを上げておかないとプライムは命中しない事を知らない人、
召喚は手抜き装備で十分だと思っている人が見るとどうでしょう?
単純に「プライム履行使えない!」という事になるのではないでしょうか?
通常、召喚に限ったことではなく魔道士が魔法を当てるにはまずスキルありきです。
でも召喚の場合はそういうスキル的命中を無視した履行「ネザーブラスト」がある。
ある意味、スピニングダイブも物理履行的に罠です。 スキル無くても高命中なので。
こういう履行は罠成分を含んでいると思うんですよ。

手抜き装備でもある程度通用してしまう履行があると、
いろいろおろそかにしたまま結構なとこまでやれてしまうし、ソレが当然になる。
だからますます、「召喚士は装備で差が出ない」になってしまう。
で、装備差が出ないと思い込んだままプライム履行やプレデタークローを使う。
んで、スカる。
結果、「他の履行、プライム履行は弱い、やっぱネザー最高」
で、ネザー使いに偏りまくって自分で総ダメの頭打ちを作ってしまう。
そしてその頭打ちが他アタッカーに届かないと・・・・
「召喚士弱い」となる。

本当は装備差の出るジョブなのに、装備差が出ないという風潮を作ってしまった。
それがネザーブラストの罪だと思います。 そして罠。
この罠にハマっちゃいけないですよ。
召喚は十分に装備差、スキル差の出るジョブです。
召喚士で活躍したいって思ってる方がどのくらいいるか不明ですが、
私のブログを見に来てくださってる方の中には少なくないと思っています。

私は装備自慢はメンドクサイので嫌いなんですが、召喚装備集めは好きです。
集めるだけじゃなくて、その装備を使うことがもっと好きです。
その装備を使って「ばじゃさんつええwwww」と言われる事はとても嬉しいことです。
そう言われてイヤな気分になる人はちょっとアレな人だけでしょう。 つーかいるの?
このゲームで装備集めを否定する事は出来ないですよね。
中の人が同じなら、最終的には装備差がモロに出ちゃうゲームですから。
メインジョブだろうが局地戦用ジョブだろうが、装備集めは楽しい事です。

召喚士も装備で変わるっていう事を知っていれば、装備集め楽しいじゃないですか。
ゲームだし、楽しみが多い方がいいと思います。
でもネザーブラストの罠にハマってしまうと、その楽しみが薄くなる。
装備で自分のジョブを強化していくっていう楽しみがね。

なーんて事、今だから言えるんですけどね。
数年前に私はネザーブラストの罠にハマりかけていました。
このブログを読んで下さってる皆様はハマらないようにね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

召喚魔法スキルの罠

今日は召喚士のアタッカー能力について、私見を述べ倒しておきます。
召喚士ってアタッカーとして見た場合、強いのか弱いのか?
これ、召喚やってる人の間でも意見がわかれますよね。多分。
んで私はどう思ってるかといいますと・・・・
これ以上削り能力を伸ばすとバランスブレーカーになりかねないと思っています。
つまり「現状でも十分強い」と思ってるって事ですね。 
特別強いとは思いませんが、これ以上はもう・・・って所に来てると思っています。
扱いにくいジョブであるとは思っていますが。

まー、それより前に強さの定義って何だろう? ってハナシがあるんですが、
これは人によって基準がマチマチすぎるんで定義とか無視。
Repに出るもの、出ないもの、全部ひっくるめて考えたとして
「現状で十分な削り能力」だと思っています。

じゃー、なぜこれほどまでに「召喚士は弱い」と言ってる人が多いのでしょう。
しかも、それを召喚士をやってる人が言ってる事が非常に多いと思う。
なぜこういう状態になってしまってるかってのを私なりに推理。

原因は召喚スキルの仕様にあると思います。
この事について私の体感と経験から思う事がいろいろあるのです。
って、今日の記事は恐ろしく私の体感に基づくものなので、
「ええぃ! 体感はいい!! Repだ! Repを出せ!!」 
なーんて言う人はココから先は読む必要ないかも。 あと、酸素欠乏症に注意。
つっても、ここまで読んだら気になって最後まで読んじゃうだろうケド。

他所様の体感の事はよくわかりませんが、私は私の体感を信じます。
実際はRepを回し倒して、体感と比べてるワケですからね。
余談ですが、体感でハッキリと感じ取れるくらいに差が出た場合、
Rep上では恐ろしく差がついております。
前置きはいい、いい加減本題に行け。私。

で、問題の召喚スキルの仕様。 
いつまでこの暫間的な仕様なのか不明ですが、
青文字を超えた分が反映されるという相対値っぽい仕様になっています。
今日はアタッカー能力についてなので、強化履行への影響は省くとして、
現仕様での攻撃履行へのスキルの影響は「命中率アップ」です。
おそらくは履行ごとに命中アップの影響が違うと思いますが、 (素命中が様々なため
めんどくさいので一括で話を進めましょう。 
わかりやすいのはプライム履行ですけどね。

思うに、召スキルブーストの命中アップ効果って恐ろしく効いてるんですよ。
だけど、ちょっとやそっとスキルを伸ばしても体感できないような仕様かも。
命中が上がり始めるスキル値はかなり上の方にあると感じています。
しかも、上の方で加速度的に命中率が伸びていくと思います。
ほんっと、急激に命中率が伸びる感じ。

具体的に数字で体感を言い表すと、
269(素キャップ)からスキルを伸ばすごとに徐々に命中が上がり始め、
スキル315を超えるあたりから急激に命中率が上がると思います。
もしかしたら315あたりまでブーストほぼ効いてないんじゃない? とか思ってたり。
で、スキル320と330だと10差なんだけど別次元の命中です。
ついでに330と340だと10差だけどもっと別次元の命中になると思います。

まー、体感なんですけどこういう仕様だと感じています。
要するに、ある一定のラインを超えるところまでスキルを伸ばす必要がある。
そこに到達できた人は召喚士の事を弱いとは思ってないのかもね。
実際私の周りはスキル320くらいの召喚士さんが多いんですが、
みなさん強いし、召喚士の削り能力に不満を漏らす人はいないみたい。

で、あえて数字を出しますがスキル値315を超すのは難しいんでしょうか?
いーえ、とんでもない。 実はすごく簡単です。
召喚士なら誰でも持ってる装備と、競売装備で可能です。
つーわけで必要な装備を並べてみましょう。

頭  エボカーホーン  +5   (AF        
首  サモニングトルク +7   (競売              
耳  サモニングピアス +3   (競売           
腕  オステアカフス    +2   (競売           
指  エボカーリング   +10  (召喚士標準装備              
脚  オステアスロップス +3  (競売      
足  オステアサボ    +3   (競売

これだけでスキル+33が可能です。
さらにメリポの召喚スキル8段(+16)を足すと+49が可能になります。
269 + 49 = 318
わー、簡単に315超えました。 つか簡単すぎ。

他の魔法スキルにメリポを振ってるから召スキルに振れないって方。
残念ながら簡単に315オーバーを目指すのは諦めましょう。
その代わり、アタナはその魔法スキルが該当するジョブで活躍してるはずですよね?
そうするためにそのスキルを伸ばしたのでしょうから、そのジョブで大活躍しましょう。
その活躍を生かして様々な廃スペック召スキル装備を手に入れましょう。
それで可能になるはずです。

っというわけで、スキル315オーバーは簡単なハナシ。
まー、メリポの問題もあるんですけどねぇ。。。
コレはもう取捨選択としか言いようがないですね。
召喚で活躍したい人は召スキルに振ってるんじゃないでしょうか。
例えば黒さんが、精霊スキルを伸ばすのと同じように。
召喚だって同じです。 伸ばせるスキルも伸ばさずに「弱い」とか言っちゃだめだと思う。
例えば300程度のスキルでプライム履行撃って「レジレジ;;」とかそんなの当然。
スキルも伸ばさずにそんな事言ってると他の魔道士さんに怒られます。多分。
「召喚士弱い」って言ってる方はまずご自分のスキルを確認してください。

で、315超えたからそれでオッケーかというと違います。
315はあくまでもスタートライン。 ここから伸ばすのが面白いんです。
ここから上の領域だと加速度的に命中が上がると感じています。
まだスキルが低い方はとりあえず320を目標にしてみてはいかがでしょう? 
上記の装備+αで可能になりますが、目指す価値はおおいにありますよ。
で、それ以上伸ばせば伸ばすほどにスキルの効果が体感できるはずです。
当然の事ながらリキャ短縮装備>スキル装備の着替えは必要ですが、
その上で「召喚士弱い」と言うなら私はもう知りません。

私の現在のスキル限界値は335なので、
今のところ336以上の世界を自分の目で見る事はできません。
でも、そのうち見れるんじゃないですかね? そのうちね。

☆本日の記事は私の体感に基づくものです。 
  体感ベースの長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。
   体感につき、間違っている可能性もありますのでご注意ください。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

召喚士のこれから

何とも大それたタイトルですが、
今後の召喚士がどうなっていくかについて予想とかしてみよう。
私は現仕様でも割と召喚士を楽しめている人なんですが、
召喚士が強化される事についてはやっぱり嬉しいし、
そうなったらそうなったでまた楽しみ方が変わると思います。

そんなわけで今日は今後の予想と希望を書こう。
もちろん、私的な妄想と強化要望成分たっぷりに。 
開発さん、もし私のブログ見てるなら意見を取り入れてください☆

まず、開発さんからも発表があってる履行範囲の拡大。
これ、いつ来るんでしょう? できるだけ過大な期待しないようにはしていますが、
本当は待ちに待って待ち望んでいます。 正直に言うと期待しています。
召喚獣の操作方法が変わるだろうと思います。割と。
例えば、神獣の攻撃>ヘイスガ (ついでにプレデターとか
などなど、こういうのがやりやすくなるはずです。

んでこの範囲の拡大って、強化履行だけなんでしょかね?
出来れば敵にかかる範囲魔法履行の射程と範囲を広げて欲しいですね。
物理履行系の射程は今のままで当然だと思うのですが、
多くの魔法履行の射程が近接射程になっているのはどうなのかなーと思う。
範囲魔法履行の射程と範囲さえ広がれば、生きてくる履行もあるんですよ。
例えば、スロウガとかスリプガやルナーロア。
特にスロウガは射程と範囲を広げてほしいなーと思っています。
裏なんかでサポ黒の赤さんが大量に寝かせた後にスロウガとかね、
んで、ついでに攻撃履行やっちゃったり。
そういう使い方も出来るようになりますね。

あと、不発時のMP消費も無くなるそうですが、
これは純粋に嬉しいですね。 ものっそい期待してます。
でも・・・・・出来れば不発時のリキャ発生も撤廃して欲しいです。

それからそれから、前々から準備されているという新召喚獣の件。
これを思いっきり予想しておきましょう。 といっても何が来るのかの予想じゃなくて。
どんなタイプなのかの予想です。

今までの召喚獣と違ったタイプで、技が少ないっていう話ですが、
私の予測では、「瞬間発動タイプ」の召喚獣ではないかと思います。
今までみたいに、呼び出し>履行指示 ではなくて、
呼んだら(履行選択したら)すぐに瞬間的に履行して、即消えてしまうような召喚獣。
もちろん、今のいわゆる「1分縛り」とは別枠のリキャでね。
別枠リキャは1分なのか3分なのか5分なのかって感じ。
私はこう予測しております。 違いますかね?

もしこのシステムだったとしたら・・・・・
「ザコに倒されると困る特別な召喚獣」 つまりアレさえも召喚できますよね。
アレ・・・・来ないかな(笑)  待ってるんだけどな(笑)
んま、何が来たとしても新召喚獣は嬉しいです。

で、新召喚獣の新技についてなんですが、
これはもう攻撃面に特化した履行はあんまり無いんじゃないかと予想しています。
ただ、アストラルフロウ中くらいは攻撃的な技使えるようになるかも? と勝手に予想。
そうじゃないともしアレが実装された場合、
アレがアレを使えないとFF的にアレすぎるでしょう。
私、アレが好きですから。 サービス終了前にはアレを使わせてほしいですね。
まー、アレは無いとしても新履行技は楽しみです。

新召喚獣の技も勝手に予測しておきますかね。
でも新履行予想の前に、フェンリルやディアボロスが追加されたときの状況。
召喚獣の追加は他のジョブの能力とも関連があると私は思っているので、
過去の事例から考えるといろいろ予測もできるかもねー

まず、フェンリルが実装される少し前のこと。
レベリングでは「シルブレ無いとあたんねーww」な状態でした。
当時のシルブレは本当にすごい効果で、シルブレありきでレベリングしてましたよねぇ
で、結局は効果の高すぎるシルブレが弱体され、
その直後のバージョンアップでフェンリルが実装されました。
敵の命中回避を下げ、味方の命中回避を上げる事が出来る召喚獣として。

次はディアボロス実装前の事。
当時、狩人が猛威をふるっていました。
前衛総狩人状態ってやつですね。 (私も狩3赤詩召で何度もPTに行きました
狩人の何がすごいかって、もちろんレベリングでも強かったのですが・・・・
最もヤバイ性能は「超格上に対してのダメージが保証されていた」←多分これ。
で、結局狩人も弱体されてしまいました。

狩人弱体直後の狩フレの言葉がとても印象的です。
「1時間半で倒していた麒麟が3時間でも終わらない」
フレが行っていた空LSは狩構成だったのです。 アタッカーは黒狩だけ。
そういうLSさんはモロに影響を受けたようです。
で、狩人が弱体されてしばらくして、ディアボロス実装です。
下限ダメージ保証を持った遠隔攻撃「ネザーブラスト」を持つ召喚獣として。

以上、フェンリルとディアボロスの実装当時の状況はこんな感じでした。
過去2回の召喚獣の追加は、他のジョブと密接な関係があったと認識しています。
オンリーワンに近いような特出した他ジョブの性能を、
召喚士が少し分けてもらうような感じで新召喚獣の実装があった。
そしてそれは召喚士の強化に繋がっている。
こう考えるのが自然に思えるのです。
つか、召喚士汚いな。

過去の経緯から考えると、召喚強化の前に何かしらのジョブが弱体されているけど、
現状のヴァナだと特定のジョブの大幅弱体とかはちょっと考えにくいですよね。
だけどおそらく、またしても他ジョブの能力をちょっと分けてもらう事になるような・・・
そんな気がしています。

召喚士が現状で出来ることを羅列してみましょう。

物理攻撃、魔法攻撃、遠隔攻撃、範囲攻撃、範囲弱体、範囲ディスペル、
範囲攻撃力アップ、範囲へイスト、範囲エン、範囲スパイク、
範囲命中回避アップ、範囲ストンスキン、範囲魔攻魔防アップ。
範囲防御力アップ、範囲回復、範囲状態異常回復、範囲能力値アップ・・・・etc

細かく書くと全履行書いちゃう事になりますのでこの辺で。
てか、出来ること書くと何かすごいですね。
やだ・・・・何このスーパージョブ・・・・ って感じ。
できない事を書いたほうが早いくらい。

で、現状の召喚士に足りない能力って何でしょう?
それは、「誰の目にもわかりやすいPT貢献能力」だと思います。
いや、現状でも使いこなしてる人なら割と役に立ってますよ? 例えば私とか。
でも、それがわかりやすい貢献かというとそうでもないと思う。
そこで汚い召喚士はわかりやすい他ジョブの能力をクレクレします。

超妄想的希望的観測で新履行を予測するとしたら・・・・
簡単なところで、リフレ履行とかPT内取得経験値アップの履行かなーと思ってます。
リフレ履行については賛否両論あると思いますが、 
既存履行と別枠リキャなら問題ないと私は思います。

例えばリフレ履行だったとしたら・・・・・
ソロで使うとMP回復量は赤字、 効果はもちろん本家リフレ以下。
枠はコルセアのロール枠でロールと共存できないタイプ。

例えば取得経験値アップ履行だったとしたら・・・
これも当然、効果はコルセアのロール以下。
枠もロールと同じでコルセアと合わさって最強っぽく見えないように。

こーんな感じの履行が実装されたら楽しいなーとか思うんです。
で、召喚らしいことに効果は他ジョブには及ばないっと。
この手の履行ならわかりやすい貢献もできますし、
召喚士も他の多くの人も幸せになれるんじゃないでしょか。
なにより「誘われにくい」と言われる召喚士のレベリングの救済にもなるし。
経験値アップってことはメリポ・・・いやスガポでも・・・    うわなにをすrymr

まー、今日の記事は強烈なクレクレをしてみましたが、
自ジョブの強化は誰もが望む事。 妄想くらいしたっていいでしょ?
ある程度の強化が召喚に来る事は約束されているみたいだしね。
でもそれは・・・・いつなんでしょうか?
妄想しつつ待つことにしましょう。

私の予測が外れても私は泣きません。 酒は飲みますけどね! (いつもじゃん
つか、当たったら本当に気持ち悪いから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

スガポ(笑)  ∞GIGS

今年に入って、スガポの記事を一度も書いてない事に気がつきました。
つってももう、私はスガポについてアレコレ述べる必要も無いのかもしれません。
どうやら私以外にもスガポを試してくれている人がいるようですしね。
スガポの応用で他コンテンツに召で参加っていうハナシもチラホラと。

そんな感じなので、「特別企画 スガポ(笑)」としての記事はそろそろもういいかな。
今回の記事で一応〆としておきます。 連載的に書くのはね。
そうは言ってもこれからもスガポには行きますよ。
メリポ稼ぎの手段としてはアリアリだと思いますから。
まー、装備や動きの煮詰めはこれからも続けていきます。
何か進展、今までと違う構成等で違った結果が出るような事があったら、
その時にまた記事にします。

では、連載の最後に最近の翡翠前スガポのRepの一部を張ります。

1月17日 
場所 翡翠前
構成 忍竜侍赤詩召  
月齢 下弦の月だったような   
サポ白、まれにリフレ  武器 チュルソ
食事 マリナーラピザ

倒した数:151 平均獲得経験値:135.0(+64.6)
総獲得経験値[内専心]:30141[0]平均戦闘時間/間隔:28.0s/3.1s
総狩り時間[戦闘/間隔]:1h18m13s[1h10m24s/7m49s]
時給[専心抜]:23121.2[23121.0] 総獲得ギル:1637G
最大チェーン/平均:135/49.3

はい、こんな感じでした特に述べる事はございません。
これだけ見ると、全然普通でしょ? スガポなのかどうだか判断すらできやしない。

結局、「スガポ(笑)」とは何だったのでしょう。
あえて結論づけておくとすれば。

「スガポ(笑)とは、ごくごく普通のメリポPTです」

と、こうなります。 ただそのPTには召喚士がいて、
ヘイストその他を召喚士が担当するだけです。
召喚士がいることによってメリットもあれば、デメリットも生まれます。
召喚士がいるからと言って、ウマくもマズくもない。 ごく普通。
多少PTメンの動きは変わりますが、革新的ってほどには変わりません。
それと、召喚士の装備云々とかの問題があるように見えるのですが。
そんなのほかのジョブだって同じです。 
装備きっちりしてる人がきちんと動けばそれなりの結果が出るのは全ジョブ同じ事。

私は当然のごとく殴るスタイルでやっているのですが、
別に殴らなくてもいいんですよ、ちゃんと動けるなら。
殴る事のメリットを見つけた人だけが殴ればいーんです。
殴りのメリットを考えて殴り装備を整えてる召喚は希少と思われるかもしれない。
でも殴りは召喚が最初から持ってるジョブ性能です。 別に無茶はしていない。

私は特別な事をしてるつもりはございません。 装備的にも。
両手棍スキルBは殴るためのものだと思ってますから、
スガポの実験を始める前から殴り装備を揃えていたというわけです。
召喚士が命中装備などを揃えるのは当然の事だと思っています。
私の周りも、私の召喚士がメリポで殴る事については違和感無かったはず。
リンバスでも、サポシでフェンリルだしっぱしつつ殴り参加してた事もあるんで。

そんな感じの私だったからサラリとやれたってのはあるだろうけど、
前にも書いた事ですが、 「本体+召喚獣=召喚士」 なのですよ。
誤解を恐れずに書くとすれば、私がやってる事が召喚士の性能です。
私と同じような装備の人が私と同じような動きをすれば同じような結果が出ます。
それはもうジョブ性能としか言いようがない事なんですよ。

確かに召喚士は、履行だけでも結果を出す事が出来るジョブです。
敵次第では攻撃履行をリキャごとに撃つだけでも十分すぎる結果出せますしね。
でもそれだけじゃその場だけの専用ジョブになってしまいがちだし、
局地専用ジョブで片付けるのはあまりにももったいないジョブですよ。 
せっかくいろいろな事ができるんだから他の局面でもジョブ性能引き出せばいい。
それは本体の殴り性能だったり、サポの性能だったりするのかもしれない。
ただ、結構突き詰めないと結局どれもこれも二流どまり。
召喚士ってそういうジョブなんだと思います。

そんな考え方をベースにジョブ性能さえ引き出す事ができれば、
活動範囲が相当に広がるのが召喚士なんだと思います。
ジョブ性能さえ引き出せばメリポPTにだって普通に参加できるのが召喚士。
そういう召喚士がいるメリポPTが、「スガポ(笑)PT」
そしてそのPTの殴り召喚士は「スガ召」と呼称されるのかもしれない。
こういう事ですね。

だけど、スガポには他のメリポPTとは明らかに違うメリットがあります。
それは・・・・・

「 私 自 身 が 楽 し め る 」

これが一番重要にして最大のメリットです。
私のゲームです。 私自身が楽しむ事が何よりも重要。
私が楽しむ事を抜きにしてゲームなんてやってられない。
そのついでに他のみんなも楽しくなればいい。 あくまでもついでにね。

自分が楽しんで、かつ周りの人も楽しめるアソビの一つとして、
私のやっているFFではスガポ(笑)がもう定着してしまいました。 
定着して、ソレをやる事が普通になってしまうともう毎回同じような記事になる。
毎回似たような報告書風の記事なんて面白くないんですよ。 書いてる私が。
私のブログです。 私自身が楽しむ事が何よりも重要。
だから、今回の記事を「特別企画 スガポ(笑)」の連載としての最終回とします。

スガポ(笑)の波は、因果律と時を超えれたかはわかりません。
でも、鯖の壁は確実に超えれたと思う。 確実にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »