« ネザーブラストの罠 | トップページ | 麒麟戦 Rep SA »

2009年2月24日 (火)

プロトアルテマ 戦術

前にもちょっと触れてた召/暗。
今日はアルテマ戦に絞って詳しく戦術を書きます。
うちのリンバスLSの伝統芸能ともいうべき「サモアン戦法」。
ぶっちゃけ私の思いつきで始まったような戦術なんですが、よく出来てると思います。
与TPを極端に減らして敵WSを減らし、かつ大量のスタンで行動停止時間を作る。
しかも殆どのダメージへイトは召喚獣が持つので固定が楽という、
そんな盾にやさしい戦術です。 (盾に甘いが正しいケド
本日Rep付き。 久しぶりにRep張るような?
先週アルテマ行ったのでそのときの構成丸ごと書きます。

盾PT
ナ/忍 赤/忍 白/学 白/暗 赤/白 詩/白

アタッカーPT
召/暗 召/暗 召/暗 召/暗 青/シ 赤/暗 

あまりモノPT  (ライセンサーの二人とも言う
黒/白 召/暗 ←私

今回14人のこの構成で行きました。 これだけ人数いれば余裕の安定構成。
実際、10人以下でも可能ですが人が集ってしまうのがうちのLS。
最低人数として、盾PT+召/暗が3人いればゴーサインを出すのですが、
後から後からメンバー来るから毎回結構な人数での戦闘です。
今回は魔法スタン数8枚、スタン履行やスタン青魔法まで入れるとものっそいスタン数。
盾が非常に楽できる戦術です。 むしろ盾に楽してもらうために考えた戦術。
盾が楽ってことは、それはつまり被弾が少ないってこと。
被弾が少ないってことは盾PTのメンバーが楽で、PT内で回復用MPは余裕で回る。
盾PT外にいる召喚はサポ白にする必要もありませんし、サポ白の意味がありません。
召全員がサポ白だとこの戦術は逆にキツくなると思います。
というか成り立ちません。
  

やり方としては特に難しい事はなく、
赤盾とパラニンの盾PTでアルテマのタゲを維持しつつ、召が履行で削ります。
青の役目はディセバで毒を入れる事とだましうち、青魔法での削り。
黒の役目は精霊弱体とシタデルモード終盤での追い込み。
赤/暗の役目はディシペを狙ってとめる事。

召/暗の動きですが、
基本、リキャストごとに攻撃履行です。
月齢次第では誰か一人がルナークライの管理をしてもいいでしょう。 効きます。
召PTでは誰かが真空をしたり大地をしたりで、突然飛んでくるホーリー2に備えます。 
後は各自の一番自信のある攻撃履行とか、70履行いろいろ試してもおk
物理無効が来たらプライムかネザーに切り替え。
で、履行リキャの間にスタンを撒くという感じ。

スタンは、特に順番を決めてまわす事はしていません。
ただばら撒きな人もいるしWS止めを狙う人もいます。
両方のタイプのスタナーがいたほうが上手くいくと思います。
私は、座ってる召喚士が多いようなら座りません。
その場合は攻撃履行をやめてWS止めスタンに徹しています。
こうすることでスタンの隙を減らすことが出来ます。

万が一、戦闘不能とか回線切断で運悪く盾が1枚になってしまった場合ですが、
その場合は召喚全員ラムウ呼んでカオスストライク廻しに移行。
カオスストライクのスタン効果は非常に長いことと、サポ暗スタン効果ですごい事に。
アルテマが固まりっぱなしになって、残る盾の生存率が大幅に上がります。
まるで連続魔スタンのようなカオスマジック状態。 結構笑えます。

で、もう一人の盾が復帰し次第各自の一番自信のある攻撃履行に戻します。
つか、召喚の枚数が多いときは最初から最後まで全員カオスでも・・とか思ってたり。
でも、戦闘時間短縮を考えるとやっぱ他の履行がいいかな。
カオスの平均ダメはどうしてもプレデターやスピニングの下になっちゃうから。
戦闘時間の短縮は総被ダメの軽減に繋がるって事で、やっぱり削ろう。
んまぁ、本体もサポでスタンできる事を考慮すれば履行は各自判断でいいと思います。

シタデルモードに入ったら、もう押せ押せです。
タゲを盾にもってもらいつつ、延々と履行で削り。とにかく削り。衰弱していようが削り。
シタデル時のタゲを自分の召喚獣が取った場合だけ、出しっぱなしにしています。
召喚獣生贄作戦ですね。 でもシタデルは構えの途中でタゲが変わるので、
結局ナイトか赤盾がタゲもってる事が多いです。
うちの盾はシタデルごときじゃ死にません。 というか死ぬ人は盾やれません。 
シタデルのダメを0にしてしまうツワモノだっていますから安心です。 
 

んじゃRepを張ってみよう。

総狩り時間[戦闘/間隔]:24m6s[24m6s/0s]

与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ __遠隔___________
Garuda__________ __30201(_67.7%)[_75189/h] __1536[__86/_139] ______[____/____]
Ramuh___________ ___1404(__3.1%)[__3495/h] ____71[__10/__17] ______[____/____]
Leviathan_______ ___2165(__4.9%)[__5390/h] ___117[___5/___7] ______[____/____]
Shiva___________ ____690(__1.5%)[__1718/h] ____21[___8/__11] ______[____/____]
Titan___________ ____482(__1.1%)[__1200/h] ____20[___2/___3] ______[____/____]

青/シ __________ ___5761(_12.9%)[_14343/h] ______[____/____] ______[____/____]
黒/白___________ ___1154(__2.6%)[__2873/h] ______[____/____] ______[____/____]

スキル様々、装備様々な5人の召喚のまとめRepになります。
参考までに黒と青も入れてます。 (この2人はスリッパーなのでRepより削ってます。
Repで解析すると全員分の召喚獣が一まとめになってしまうので、
誰の召喚獣がどのくらい削ってるか・・・ってのは判断しづらいです。
実際は強い召喚士とそうでない召喚士に相当の差が出てるのは明らかなんですが、
でもそんな事はどうだっていいんです。 アタッカー全員で削ってるわけですからね。 
召喚獣の総ダメを召喚士の人数で割れば、召喚士の平均が出ます。
その平均値が、ジョブとしての召喚士一人の削り量となります。
今回の場合だと召喚獣が出した総ダメージは34942。
召喚一人あたり6988.4のダメですね。

私、アラ内とかPT内に複数の同じジョブがいた場合、
こんな感じでジョブの平均を出すような見方をよくやってるんですよ。
そうすれば、個じゃなくてジョブとしての性能が見えやすいと思っているので。
今回のRepはそんな感じで5で割って見てもらえると嬉しいです。
それがアタッカー召喚士のダメです。
このダメージにはほぼノーへイト、超低与TPという見えない成分が含まれています。
Repじゃ見えないところだけどこれは重要なこと。 てゆっかキモです。

現在私は、リンバスLSのリーダーをやっております。
チョット前までフレがリーダーをしていて、私もそのLSに在籍しておりました。
そのフレの引退に伴い、私がリーダーを引き継ぐ事にしました。
元々、私が作ったルールをベースにフレ達が作ってくれたようなLSで、
私も戦術等には意見をしていたLSなので引き継ぐ事には割と抵抗無しでした。

で、このアルテマ戦の召サポ暗戦法はフレがリーダーしてた頃からのものです。
その頃に私が提案して、あっさり成功・・・今に到ります。
LSメンも召喚持ちのメンバーを私が集めたわけではなく、
メンバーが揃ってみたら偶然召喚持ちが多かったって感じで、
それならって事で召を生かし、盾を殺さない方法は無いかなと思って考えてみました。
私が提案し、いきなり成功した日からもう何年も同じ戦術でやっています。
リアルの事情で私は1年近くFFを休んでいた時期があったのですが、
私がいない間もずっと同じ戦法だったようです。
うちのデフォルト風味な戦術として完全に定着です。
そして、この戦術はスタン耐性のない他の敵にも応用が効きます。

召喚士には他のジョブに無い性能があります。
それを生かす事は他ジョブ排除になりかねないって事も重々承知しております。
リーダー、または戦術提案者として、
メンバーにジョブ指示を出すことにも少々重圧を感じます。 いやほんと。
だけど戦術を提案する側としては、みんなが楽になる方法を考えたい。
限られたメンバーの持ちジョブの中で、どうすれば確実な方法がとれるか?
そんな事をよく考えています。 しかも仕事中に。

イロイロ考えているうちに思いついた戦術。
召喚と赤盾、両方をやってる私の視点から思いついた戦術。
超低与TPかつ超低へイトという反則ジョブの性能を生かした戦術。
私が出した一つの答え、それがこの「サモアン戦法」です。
興味を持たれた方はぜひお試しあれ。
アナタの常識がひっくり返ります。 多分きっと、それなりに。

|

« ネザーブラストの罠 | トップページ | 麒麟戦 Rep SA »

戦術提案」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
コメントをするのは初めてなのだけど、
Badgerさんがこのブログを作られた初期の頃からずっと拝見させていただいています。
記事の更新を毎回楽しみにしていて、参考にしています。
僕もリンバスをやっていてアルテマの時は召で参加しているのですが、
前にBadgerさんが書いていたサポ暗の事について興味がありました。
今回の記事はすごく参考になりました。
ありがとうございます。

投稿: 或る召喚士 | 2009年2月24日 (火) 16時14分

或る召喚士さんようこそー!

かなり前から私のブログを見てくださってるんですね。
ほんと、ありがとうございます!
喜んでいただけて私の方こそありがとうございますなのデス。

アルテマ戦もLSごとにいろいろやり方があると思いますが、
召喚士の数がある程度いるなら、サポ暗はほんとにオススメです。
あまり話題に上らないサポですけど、召に向いてるサポだと思います。

私はサポ暗の味をしめてしまったので、
アルテマ以外でも使っているサポです。
ぜひお試しくださいな!


投稿: ばじゃー | 2009年2月25日 (水) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071386/28325549

この記事へのトラックバック一覧です: プロトアルテマ 戦術:

« ネザーブラストの罠 | トップページ | 麒麟戦 Rep SA »