« 召喚魔法スキルの罠 | トップページ | プロトアルテマ 戦術 »

2009年2月18日 (水)

ネザーブラストの罠

罠シリーズ第二弾。
今日は 「ネザーブラストの罠」 らしいです。
まーたこの人はシリーズ化するんだ? 途中で満足してやめちゃうくせに。
意地の悪い傍観者的にこのブログを見るとそんな感じだけど、
でそれでいいんだと思います。 多分。きっと。第二弾で終わるかもだし。
私が必要以上に書かなくても、読んでくださった方が何かを考えてくれるはずだから。
実は私、このブログに書いてる記事の10倍くらいは召喚の事を考えています。
嘘。 そんなに考えちゃいません。

私、時々嘘をつくので注意してください。
こう言うと「私は時々嘘をつく」ってのも時々つく嘘の一つの可能性が出てきます。
時々嘘をつくという嘘をついてるかもしれないってことですね。
つまりそれは嘘をつかないという事なのでしょうか?
いいえ、時々嘘をつかないという意味かもしれません。
てゆっか、嘘じゃない可能性もありますね。
はいはい、こんな事を書いてる私は信用できるんでしょうか?
私は信用できないと思います。 でもそれも嘘かもしれません。
混乱してきましたか? 私は混乱してきました。

とてもさわやかな感じで始まった今日の記事のお題は・・・なんだ?
あぁ、「ネザーブラストの罠」です。
ネザーブラストについて思う事を書きます。
何だかんだ言ってみても、私はネザー好きなんですよね。
すげー便利だし、使いやすいし、 あとやっぱりある意味強い。
魔法系に属するプライムとネザーを比べて、どっちが上とか言う必要も無いし、
どっちが強くてもいいと思う。 なぜなら、両方召喚士の技なわけだから。
その場その場で使いやすい方、効果的な方を使うってことで全て解決。

で、ネザーを使うかプライムを使うかどこで切り替えるかというと、
本体の装備だったり状況だったり敵だったりで切り替えポイントが変わると思う。
装備(主にスキル)が整ってくるとプライムの方が上になる事が多いのだけど、
だからといって「ネザーイラネw」にはならないと思います。
このあたりは経験積んで切り替えポイントを探していくしかないかなぁ・・・
私のブログで数字と文章を使って「こういう状況ならネザー」って言うことも出来るけど、
それはあくまでも私の装備で私のFF環境内でのハナシになっちゃうので、
今回は却下。 いつか書くかも?
一つ言える事は、「状況によって私はネザーを使っている」って事ですね。

で、そんなネザーブラストがなぜ罠なんだっつーハナシなんだけど、
簡単に言うと「強すぎる」からなんですよ。
練習相手だろうが麒麟だろうが、撃ち手が75なりたての召喚士だろうが、
とにかく508のダメが出る、累積耐性や天候や魔法防御に食われることはあっても、
レジというモノが無い。 (と言ってもいいくらいだと思います)
んで、本体のスキル装備とか完全無視でも命中してしまう、
しかもちょっとhMP装備を揃えればリキャ毎永久ネザーブラスターになれるし。
とにかくオソロシー特殊魔法攻撃なんですよね。

そんな履行だから、ぶっちゃけ装備手抜きでもそこそこ結果を出せるし、
廃装備でも手抜き装備でも敵が弱くても強くても同じダメ。
「召喚士は装備差が出ないジョブ」と言われる大きな原因を作ってしまったのかもね。
これが廃装備だとネザー一発のダメが上がるなら装備の評価も違っていたでしょう。
本当は現状でもネザーは装備差が出るんですけどね。 総ダメ的に。
でも、一発のダメが変わらないから華が無いっていうのかな。
何装備しても同じですって?←この記事にもネザーの事を書いています。
キモは履行リキャマイナス装備。

で、ネザーの何が問題かといいますと、
ネザーが手抜き装備で十分通用するからといって、
同じ感覚の手抜きでプライム履行を使ってもネザーの方が強い事が多いんですよ。
プライム履行はある程度スキルを上げておかないとレジが酷い。
ネザーはスキル上げなくててもほぼフルダメ。
これの差で、結局ネザーの方が削れるっていう結果になってしまう。

この結果を、スキルを上げておかないとプライムは命中しない事を知らない人、
召喚は手抜き装備で十分だと思っている人が見るとどうでしょう?
単純に「プライム履行使えない!」という事になるのではないでしょうか?
通常、召喚に限ったことではなく魔道士が魔法を当てるにはまずスキルありきです。
でも召喚の場合はそういうスキル的命中を無視した履行「ネザーブラスト」がある。
ある意味、スピニングダイブも物理履行的に罠です。 スキル無くても高命中なので。
こういう履行は罠成分を含んでいると思うんですよ。

手抜き装備でもある程度通用してしまう履行があると、
いろいろおろそかにしたまま結構なとこまでやれてしまうし、ソレが当然になる。
だからますます、「召喚士は装備で差が出ない」になってしまう。
で、装備差が出ないと思い込んだままプライム履行やプレデタークローを使う。
んで、スカる。
結果、「他の履行、プライム履行は弱い、やっぱネザー最高」
で、ネザー使いに偏りまくって自分で総ダメの頭打ちを作ってしまう。
そしてその頭打ちが他アタッカーに届かないと・・・・
「召喚士弱い」となる。

本当は装備差の出るジョブなのに、装備差が出ないという風潮を作ってしまった。
それがネザーブラストの罪だと思います。 そして罠。
この罠にハマっちゃいけないですよ。
召喚は十分に装備差、スキル差の出るジョブです。
召喚士で活躍したいって思ってる方がどのくらいいるか不明ですが、
私のブログを見に来てくださってる方の中には少なくないと思っています。

私は装備自慢はメンドクサイので嫌いなんですが、召喚装備集めは好きです。
集めるだけじゃなくて、その装備を使うことがもっと好きです。
その装備を使って「ばじゃさんつええwwww」と言われる事はとても嬉しいことです。
そう言われてイヤな気分になる人はちょっとアレな人だけでしょう。 つーかいるの?
このゲームで装備集めを否定する事は出来ないですよね。
中の人が同じなら、最終的には装備差がモロに出ちゃうゲームですから。
メインジョブだろうが局地戦用ジョブだろうが、装備集めは楽しい事です。

召喚士も装備で変わるっていう事を知っていれば、装備集め楽しいじゃないですか。
ゲームだし、楽しみが多い方がいいと思います。
でもネザーブラストの罠にハマってしまうと、その楽しみが薄くなる。
装備で自分のジョブを強化していくっていう楽しみがね。

なーんて事、今だから言えるんですけどね。
数年前に私はネザーブラストの罠にハマりかけていました。
このブログを読んで下さってる皆様はハマらないようにね~

|

« 召喚魔法スキルの罠 | トップページ | プロトアルテマ 戦術 »

Badger的思考とか考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071386/28188643

この記事へのトラックバック一覧です: ネザーブラストの罠:

« 召喚魔法スキルの罠 | トップページ | プロトアルテマ 戦術 »