« 麒麟戦 Rep SA | トップページ | 未完成のまんまで »

2009年3月 5日 (木)

HNMと召喚士

HNMと召喚士・・・切っても切れない話題です。
その事について私が思う事を書きます。

「召喚士はHNM戦で活躍の場がある」
「召喚士はHNM戦に向いている」
「HMNやるやつが召喚を上げている」

などなど、こんな事言われてますね。
これは私もそう思います。 おおむね当たっています。
向いているか向いていないかと聞かれれば向いていると答えます。 間違いなく。
ただ、向いているジョブが「一番削るジョブ」だとは思いません。
逆の言い方をすると、一番削るジョブが「向いているジョブ」だとも思いません。

それとは別に、

「召喚上げたはいいけどHNMやらないから活躍の場がない」
「HNMやらないのに召喚上げても意味が無い」
「HNMに縁がないからHNMで活躍できても意味が無い」

こんな事も言われてるけどどうなんだろ?
確かにその通りのような気もするけど、気がするだけ。
気のせいですよ。 間違いなく気のせい。

HNMとは何なんでしょう?
H (ハイレベル) N (ノートリアス) M (モンスター) ですよね?
殆どのコンテンツで最終的に戦うのはHNMクラスなのではないでしょうか。
そう考えると召喚の出番って結構多いような気がするし、私の召の出番は多いです。
もちろん、敵によってジョブの向き不向きがありますので、
すべてのHNMクラスで出番があるとは言いませんが。

で、「HNMに縁がないからHNMで活躍できても意味が無い」 と言われてる方は、
これらの全てのコンテンツをやってない方なのかな。
そういう方はHNMに縁が無いって事でやっぱり諦めてしまうのでしょうか。
もしそうだとしたら、もったいな~い! (保険会社の昔のCM風に

HNM戦って簡単に言うとむっちゃ強いハイレベルな敵と戦うって事。
つよーい敵を大人数で頑張って倒すって事。
HNMクラスの敵はダメージが通りづらかったり、
近づいて殴りにくかったりで召喚の出番が増えるって事が多いらしいです。
そして時間かかる戦闘になる事が多い。 時間かかってもいいから倒せればいい。
そういう強敵相手の戦闘にアタッカー召喚は向いてるって事ですね。

ここで発想を転換すればいい。

「召喚はHNM戦に向いている」   ×
「召喚は強敵相手の戦闘に向いている」   ○

HNMっていう響きがイカンのです。 これカンチガイの元凶。
別にHNMじゃなくても強敵相手の戦闘に召喚は向いています。
HNM以外で強敵ってどういうことだ? だからそこを発想転換。

つまり、敵が強く見える状況を自ら作っちまえばいい。
具体的に言うと人数減らしてやりましょって事。
少人数でやるとチョイつよいくらいの敵でもすごく強くなります。 時間もかかります。
大人数で超強敵と時間をかけて戦うのがHNM戦ならば、
少人数でプチ強敵と時間をかけて戦うのも相対的にHNM戦と言えるでしょう。
こういう戦闘にも召喚士は向いています。
時間かかってもいいから倒せればいい的な戦闘に本当に向いています。

一番極端な構成が赤ランナー召削りの2人PT。
それから私達がよくやっている、「盾赤詩召」の強敵用4人構成。
この4人はすごくバランスが取れていて、かなりの強敵までやれます。
なぜこの4人だとアタッカーが召喚になるのかはやればわかります。
単純に、HNM用低与TP戦法の縮小版です。 それだけ。
この4人+@数人のメンバーを入れるだけでバリエーションが増します。
なお、ドロップアイテムが欲しい場合は当然シフ必須です。
そして詩にコラボ入れて盾にだませば完璧。
しつこく言うけど、時間はかかるけど倒せます。

こんな感じで敵が強く見える状況を自分から作っちゃえばいいのです。
というか少人数の方がメリットが多いと思う。
少人数のメリットは計り知れません。 ラクチンです。
まず、人集めに時間がかからない。スケジュール組みも楽で、人が少ないLSでもおk 
移動に時間がかからない、迷子になる人が少ない、絡まれる危険性が低い。
戦術説明に時間がかからないし、戦術を簡略化できる。
気が向いたときにサクッと気の合う数人集めていろいろやれます。
メリット多いでしょ?

あと、アイテム厨な方に最大の朗報。
「少人数だとロットする人数が少ない!」 これいいかも? 卑しい考え方だけど。
まー、私達は身内でやってる構成ですんで、私達にこのメリットはあんまりないかな。
誰かが「あのNMが落とすアレがほしー!」って言い出したときにやる構成です。
例えばクラゲ器官とか。  いつもこのやり方。
全員器官希望者だとしても、戦闘4回で終わります。

少なくとも私がやっているFFの環境下では、この構成はよくある事です。
だからいつも召喚で呼ばれ、召喚で出かけているのかもしれない。
私以外の人が召喚で来る事だってあります。
こんな感じで、敵が強敵に見える状態なら召喚は便利です。
そーゆー状況で出番はかなり多いと思いますよ。

だから「HNMに縁がないからHNMで活躍できても意味が無い」という人の気持ち、
残念ながら正直私にはよくわからないんです。 私はそんな事考えた事もないので。
統率の取れてないフルアラよりも手馴れた1PTの方が強い事だってあります。
そんな状況でこそ、召喚が生きるのかも知れません。
そしてそういう機会は割と結構あるんもんです。 探せばね。

  しかし最近、私の記事ってむっちゃマジメ志向風味に傾きすぎてる?
  書いてる人はかなりフザケた人なんですけどね。
  時計の秒針見てピリピリしながらリキャごとに履行するのもいいけど、
  ♀キャラな人とキャッキャウフフする事も楽しいと思える人です。
  次の記事あたりで桃色記事でも書こうかしら。
  例えばブログ上で「ヴァナカノ募集のお知らせ!」とか。
  だめ? 
  

|

« 麒麟戦 Rep SA | トップページ | 未完成のまんまで »

Badger的思考とか考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071386/28468809

この記事へのトラックバック一覧です: HNMと召喚士:

« 麒麟戦 Rep SA | トップページ | 未完成のまんまで »