« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月23日 (木)

バハムート

気がつけば2週間ほどブログを更新してませんでした。 ヤバイヤバイ。
こんな感じで更新頻度が下がっていくブログって、
そのうち人知れず消える系のブログなんだろーなー・・・・
とか、自分のブログを客観的に見てそう思います。
私はとても心配です。

いや、多分消えないからそんな心配は全力で無視するとして、
更新はしてなかったけどFFはちゃんとやっております。 主に夜中に。
ちょっと気分的に執筆モードに入れなくて、記事が書けませんでした。
私は自分のエントリーを「日記」ではなく「作品」と捉えています。
私はとてもアーティスティックな人間、言い換えるとカンチガイしてる人なので、
気分が乗らないとモノ書きできないのデス。
が、VUがあってさすがにモードに入ったので更新。
ちょっと変わった切り口で今回のアップと召喚士について書いてみます。
そこから切っちゃうんだ? くらいの感じで。
主に予想です。予測です。そして私の都合のいい希望的欲望的解釈です。

さて、7月のアップなんですが、
4月の神代に続き、またもややっちゃった系の召喚武器実装みたいですね。
4月の神代と7月のフェイクロージャー。 この二本を使い分ける事によって、
どうやらバハムートスタッフが完全に過去のモノになったようです。
みんな大喜びしちゃえばいい。 私も大喜びです。
ははは。

バハムートスタッフとは一体何だったのでしょう?
バハムートはPC召喚士が呼ぶ事のできない特別な召喚獣です。
その特別な召喚獣を呼べない代わりに、
召喚士はバハムートの名を冠した杖を握る事を許されていた。
つまりバハムートスタッフ自体も、召喚士にとっては特別な装備であった。
私のバハムートスタッフに対する解釈はこんな感じでした。

ニルヴァーナというバハムートスタッフ以上の超装備もありますが、
取得敷居が高いとかそんなレベルじゃないので妥当性能だと思います。
あれもまた特別な装備なので、バハムートスタッフ以上の性能で当然です。

だけど? 4月と7月のアップで超難易度のニルヴァーナとは別に、
バハムートスタッフ以上の装備が実装。
しかも、誰でも簡単にチャレンジできるコンテンツの戦利品として。
オーグメントなので運が絡むとはいえ、やはり敷居は低いと思います。
バハムートスタッフ取得までの道のりを考えると、
こんな難易度でバハムートスタッフ以上のモノを出していいの? とか思います。

バハムートの名前を頂いた特別な装備が、特別でも何でもなくなっちゃった。
私はバハムートスタッフにずっと特別な装備であってほしかったんですが、
アッサリと終わりです。 やだなぁもう。

なーんてね。 これはこれでいい事だと思います。
だけどそれでも、バハムートの名前は召喚士にとって特別だと思います。
でも、バハムートスタッフはもう特別じゃなくなってしまった・・・・
ってことは? バハムート自体も特別な存在じゃなくなる事があるのでは?
いや、形を変えた特別な存在になる可能性があるのでは?
っていうのが私の予想であり、希望的欲望的解釈です。

そんな感じで今後を大胆予想。
私が書いてる私のブログなんで好き勝手書いちゃうぞ☆
当たろうが外れようがそんなこたーどうでもいい^^^^^
私の予測は↓↓↓↓↓な感じ!

「おそらくは年内のバージョンアップで新召喚獣が実装されるでしょう。
                そして、その新召喚獣はバハムートの可能性がある」

わー、書いちゃった書いちゃった。
当たっても外れても私は責任もちませんよーだ。
まぁ、何だかんだで新召喚獣実装は盛り上がるし、
もしこの通りになればユーザー離れのスピードも多少は緩くなるでしょうね。
そのための客寄せパンダとして、バハムート召喚を実装って感じ。
てゆっか、実装して下さい。

バハムートスタッフを特別な存在じゃないものにしてしまった開発さんへ。
私はその事を、召喚士が次の特別な存在を手にするための、
つまりバハムート召喚を実装するための前フリだと解釈しました。
ぜひぜひバハムート召喚を実装よろしくお願いしますね^^
だってー、FF11でバハムートが呼べないままだと、
何か冷たい感じがするじゃないですか(笑)
すっきりした気持ちでFF14に行けないじゃないですか(笑)
なーんてね☆

今日の記事はかなりテキトーな事書いちゃったけど、
みなさん、私の予測が当たるように祈ってて下さいね。
そして、当たったら私を誉めてあげてくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

風と水 2

みなさんは、まわりの人をヴァナの8属性に当てはめて考えた事はありますか?
人のイメージをヴァナの8属性に例えると・・・・ってやつです。
例えば、怒りっぽい筋肉さんだと火とか雷が似合うでしょうし、
カリスマ性のある明るい人だと光属性が似合いそう。

ちょっと前にフレとそんな話をした事があるのですが、
フレは私のイメージを風属性だと言っていました。 
回避とかのスルースキルが高そうに見えるらしいです。
自分でも風属性とか水属性に例えられるのが自然に思えます。

自分で思う私の属性イメージって、風とか水とかの癒し系。
風の囁きや湧水って、癒し系召喚士の私にはぴったりです。 多分。
私が超癒し系召喚士なのはこのブログを読んでるみなさんご存知の通りです。
ま、風で人を黙らせ、水で誰かに毒を盛るという側面には目を瞑ってくださいね。

そんな事はおいといて・・・だ。
かなーり前にも風と水っていうタイトルで記事を書きましたが、
今回も同タイトルの二つ目。 属性のオハナシです。
っというか、私が覚えてるプライム履行の2属性のオハナシ。

私は風と水のプライム履行を5段にしてるわけですが、
なぜこの二つになったのかってヤツです。
最初は6つとも1段で覚えていたのですが、結局2つを特化させる方向にしました。
メリポで覚えるアビなんて各自の好みでいいと思いますが、
一応、私なりの考え方を。

私が2つの属性に特化させようと決めたとき、考えた事は以下の3つです。

1 よく使う召喚獣であること

2 苦手な属性を作らないこと

3 光にも闇にもMB出来ること

内訳を細かく書くと。

1 よく使う召喚獣であること
よくだしっぱで使う召喚獣だと、貯めたTPを生かせるかなと思います。
私の場合、大昔からガルーダがこれにあたりました。
ウインドブレードは麒麟のために覚えたわけではありません。
麒麟はネザーだけで十分活躍できます。 
麒麟のため「だけ」にウインドブレードっていう考え方は持っていませんでした。
私の場合、プレデタークロー>46秒だしっぱでTPためる>ウインドブレード
こういう流れでTPを貯めて使う事を想定して選択したら風になりました。
後に迦楼羅鉢金が実装されたので、さらにガルーダだしっぱが加速しましたが。

2 苦手な属性を作らないこと
これは黒魔道士を持っている人なら気にしなくていいところ。
だがしかし、黒魔道士を持っていない私はすごく気になるところ。
召喚士での出番が多い私としては最も気を使うところでした。
例えば、風と土を覚えてしまうと風エレが削れない。
例えば、火と氷を覚えると真龍が削れない。
ってな感じになってしまうので、隣り合わせの属性を覚えないようにしました。
これで苦手な属性ってのはほぼ無くなると思います。

3 光にも闇にもMB出来ること
これはぶっちゃけ気持ちの問題。
でもやっぱりアドリブとかのMBは楽しいので、
両方MBできたほうが楽しく遊べるヨ。

こんな感じの考え方だったわけですが、
1を最優先に考えて覚えたので風は私の中で鉄板でした。
で、残りの2と3の条件を満たそうとすると・・・・

水しかなかった^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ってのが真相です。
でも、風と水を覚えることによってものすごくバランスの取れた、
使いやすい召喚士が出来上がったと思います。
私の活動にも合ってるし、使い方にも合ってる。
だしっぱで半召喚盾をする事の多い私です。
麒麟でも一時的にタゲ取って、ストンガを不発に終わらせたりしています。
これにメンバーが気づいているかどうかってのはまた別問題ですが(笑)

私にとって、この2属性が回復履行を持っているってのがすごく大きかったんです。
私って、召喚盾やるときに湧水や風の囁きを使う事があります。
回復履行で召喚獣のHPを回復させながら一時しのぎをする場面がある。
出来るだけ召喚獣に固定する時間を増やそうという考え方です。
他メンが自由に行動できる時間を増やせるのなら、
MPの消費効率とか無視で召喚盾の時間を増やす事もときに必要。
召喚獣のTPが貯まっていればモリっと回復しますしね。
だしっぱTPを有効利用しようとするとプライム履行だけじゃもったいない。

まぁ、召喚盾は抜きにしても、空では風で麒麟、水で朱雀を爆発的に削れるし、
花鳥だと属性あんまり気にせずにぶち込める事が多いですね。
一部に風を使えない敵がいるけどそういう敵は水攻めしています。
花鳥はアルザダールでやる事も多いので、水でフザケたダメ出るのも魅力。
ギアだと1500超えもあるし、オブだと2000超えもあります。
天候2の効果を生かせるって意味で、花鳥に水は合ってるね。

こんな感じで私の考えだと風と水を覚える事になってしまったのですが、
プライム履行単体で考えた場合、最も優秀なのは間違いなくジオクラッシュでしょう。
ジオクラッシュだけが追加効果スタンを持ってるのが大きいですね。
そしてダメージは他の5履行と同じ。
ただ、累積スタン耐性持ちの敵にはご注意を。
これはカオスストライクにも言える事ですが。
追加スタンも累積に数えられているようです。
そういう敵にジオクラッシュはちょっと使いにくいね。
でも優秀なのはマチガイないです。

っと、私が覚えたプライム履行についての考え方を書いてみましたが、
結局は、つまるところ、極論を端的に明確に言うと、

「メリポで覚える履行なんて好きにしろっ!」

これでいいんだと思います。
好きなの覚えて楽しく遊ぶ、それだけですね。

   ☆ウインドブレードの対麒麟戦での命中の続報。
     現在、57回のウインドブレードを撃ってみて、半レジ1回。
     56回はフルダメージ、平均1140程となっております。
     やだ・・・・なにこれ・・・・・・
     




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

祭りの報酬

追加クエストの報酬が発表されていますね。
前回の追加クエストと同じように、オーグメント選択制。
こういう装備の流れは好きです。 実に面白い。

が、今回はやや盛り上がリに欠けてる気がします。
石夢のときは報酬が思いっきり履行のダメージに響くので、
私的にもかなり盛り上がってたんですけどね。

祭りの方の報酬は目に見えて履行ダメージに響く要素が少ないので、
イマイチぴんと来ないってやつかな。 みんな与ダメージ好きですしね。
そういう意味では今回の装備を召喚用に作るとちょっと微妙。

だがちょっと待って欲しい。
本当に与ダメージに響く要素が少ないのだろうか。
ってことで私が注目しているオーグメントは・・・・

攻+3 ペット:被ダメージ-10% 

これ。
ペットの被ダメー10%ってのがすごく気になります。
召喚獣は元々物理ダメージ50%カットの特性を持っていますが、
それからさらにー10%してー60%になるって事でしょうか。
もしこれだとしたら、現状の物理ダメージよりもー20%されることになります。
これは大きい。

それとも、現状のダメージを単純に10%カットするって事でしょうか。
どっちなのかは実装されてみないとよくわかりませんが、
魔法ダメージまでカットしてくれるのは嬉しいですね。

私の召喚獣の使い方だと、だしっぱなしにして、
無盾戦法だと一時的にに召喚盾する事が多いんです。
で、2発目の履行リキャが来る頃に召喚獣が沈んでなければそのまま履行します。
2発の履行を撃って召喚獣が沈んだらヒーリング開始とかね。
現状の召喚獣だと46秒間持たない事もあるんですけどね!
実際召喚盾とかやると、履行して次のリキャが来る寸前に沈む事が多いんです。
召喚獣が沈んでしまうとTPがリセットされちゃうのが残念。

で、そこに祭りの報酬のオーグメントの被ダメー10%をつけると・・・・・・
今まで2発目の履行寸前ギリギリで沈んでた召喚獣が沈まなくなるでしょう。
つまり捨てTPになる事が減るって感じ。
見た目的にはトップダメージが伸びるので、強くなった気分が味わえる? みたいな。
いや、実際無盾かつ半召喚盾の短時間戦闘だと総ダメ伸びると思います。
こういう使い方する分には、被ダメー10%っていう性能はオイシイかもね。

ガルーダの場合は鉢金の維持費ー2と天秤に掛ける必要があるけど、
ガルーダ以外を使ってだしっぱにする場合には相当使えると思います。
ちょっと考えただけでもいろいろ出てきますけどね。
例えば壷にラムウとか、インプにリヴァとか、他のソロにフェンリルとか。
状況に合わせて使っていける頭装備が作れそうです。

それとは別にもう一つ、私が注目してるオーグメントはこれ。

命中+3 ペット:クリティカルヒット+3%

コレもガルーダ以外のだしっぱにいんじゃないでしょうか。
後、履行ヒット時の着替えにもいいかも。 ただし、命中が足りてる敵前提。
物理履行スクワットとかやるときは結構使えそうです。
胴装備のクリティカル+とあわせると結構いい感じになりそう。


ってことで、とりあえず今のところ私が作る予定の魔人の帽子はたぶんコレ。

魔人の帽子 防19 MP+20 コンサーブMP+3 LV75 白黒赤吟召学
攻+3 ペット:被ダメージ-10%
命中+3 ペット:クリティカルヒット+3%

なんですとー?
本体の命中と攻撃まで+されるってことは!
これってスーパー網士装備なんじゃ・・・・
とか気づいてはいけない事は見て見ぬフリをしておきましょう。
それがオトナです。

まぁ、追加シナリオといいつつ、
毎回話題になっちゃうのは装備の事ばかりってのがちょっと悲しいですけど。
私は今回のシナリオはストーリーに期待しておりません。
正直、石夢のときはかなり期待していたんですけどね、
私的にはストーリーがちょっとアレでした。 ねーわ・・・って感じ。
一応、初期D組みとしてはアルドのストーリーとして期待してたのに。
期待しすぎた結果がこれだよ!!! って風味?
装備はオイシかったから、まいっか。

つーわけで、モグ祭りのストーリーには期待しないことにしましょう。
変に期待しすぎて肩すかしを食らうより、
目に見えるエサで遊んでたほうが精神衛生上よろしいようで。
そんな感じで装備の話ばっかりになっちゃうのが追加シナリオ。
そして私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »