« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

モンク

今日は召喚士の話題じゃない記事です。
モンクですよモンク。

かなり前からじわじわと上げていたモンクがやっと75になったんですよ、
私の4つ目の75ジョブであるモンクが今月中旬にやっと75になりました。
ジョブメリポに35メリポくらいしか突っ込んでないので、完成には程遠いケド。

元来私はゲームのLV上げという行為がすごく苦手なんです。
どのくらい苦手かというと、むっちゃガキの頃の話なんですが・・・
ドラクエやるのにLV上げだけは弟にやらせて、(命令
ストーリー進行だけは自分でやってたっていうね、そのくらい苦手。

自分でもLV上げが苦手なのを重々わかっているので、
モンク上げ開始する頃に自分で自分に鎖をつけておきました。
LV上げモチベーション維持、もしくは強制のための鎖です。

なにをしたかっていうと、空LSで白虎佩楯をもらっておいたのですよ。
うちの空LSはポイント制かつポイントオークション制なので、
人気装備にはそれなりにポイントを突っ込まないとロットできません。
私も突っ込みました。 本気度アッピルするために1年分くらいのポイントを。
で、あっさり佩楯とれたのはいいけどその時点でモンクがまだ12だったっていう。

装備ジョブがないのに人気装備を持って行くっていうイヤなやつ^^
いくらポイントいっぱい持ってるからといってそれはどうなの?
そんなヤツは空気読んだほうがいいと思う。
って、それ私。

ま、自分が装備できない超人気装備をかっさらって行って、
それでいて該当ジョブを上げない、途中で挫折とかなると大ヒンシュクですよ。
私はそんな人間が嫌いなので、これを逆にモチベ維持に使いました。
まじ、もらっててよかった・・・・

いやほんと、もんくのれべるあげってきっついよwww
だって、なぐるだけなんだもん
なにがあってもなぐるだけよ?
れべるあげぱーてぃーにさそわれてもなぐるだけ
りんくしようがどうしようが、なぐるだけ
ぶっちゃけまんがじょぶってれべるじゃねーぞ!
しょうせつとかふつうによめるれべる!!!
にこにこどうがとかみながらでもよゆう!!

はぁはぁ;
モンクモードに入っちゃったぜ;
これだから漢字の使えないジョブはもうね;
ひらがなじょぶとか馬鹿にしないでよね;

いやそりゃいいんですが、
LV上げがきつかったのはホントです。
PTではやることなさすぎて・・・・
PTはサポ忍で行っていましたが、殴ってWS,そして時々蝉張るだけだったような。
63まではFov時々PTで上げて、63~はほぼカンパニエでした。 
夜中に飲みながらカンパニエ。
夜中なのにソロでカンパニエやることは殆どなかったです。
大体LSメンとかフレと一緒にやってたので。
これはこれで楽しかった。
割とキャッキャウフフだったしね!

まー、モンク上げ始めた頃はオトモダチに結構突っ込みもらいましたよ。
私が純粋前衛やるのがとても不自然に見えたらしいです。
しかもよりによってなぜモンク? みたいな感じで。

つか、召、か、赤の3ジョブあれは殆ど困る事はないし、
殆どの場合において召喚で呼ばれてるから不自由はないんですが、
たとえば、石夢の最終とかのゴリ押し戦法とか・・・・
この3ジョブだと、ゴリ押し戦では私のジョブが赤/暗固定になってしまうので、
その分周りの人のジョブの幅を狭めてしまってるような、
そんな気がしていたんですよね。

じゃー、私も何か前衛あげればいんでない? ってことで選んだのがモンク。
理由は簡単で、私の武器メリポが両手棍8、格闘8だったからです。
装備云々の話よりもまずはメリポのスキルに重きを置いてる私としては、
スキル8に出来ないジョブを上げても仕方ないなーっていう、
そんな気持ちがあるんで、やっぱモンクで正解だったと思う。

アタッカーとして考えると、モンクは召喚の対極にあると思います。
召喚有利なときはモンクの出番がなく、モンク有利のときは召喚の出番がない。
戦術的にちょっと共存しにくい事の多いジョブですね。 (モ盾除く
共存しにくいって事は、逆に言うとその2ジョブを1キャラに押し込めるって事。
偏った感じが好きな私としてはいい選択なんじゃないでしょうか。

召喚、からくり、赤、モンク。 赤盾まで数に数えると5ジョブ状態。
これだけあればもう十分でしょう。
Badgerというキャラは大体の事に対応できるキャラになりました。
少なくとも、私がやっているコンテンツでは十分です。

モンクはBadger史上初の純粋前衛、そして最後の75ジョブだと思います。
あとはからくり用のサポ学上げればもうレベル上げは終わりかなぁ。
LV上げよりも他にやりたい事が多すぎて、時間が全然足りないんですよ。
ほんと、罪なゲームだと思う。FFって。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

マクロ 4

マクロの連載第四弾。
一応、今回を最終回にします。
ちょっと細かいネタなんですけどね!

今回はエレメントサイフォンのマクロについてです。
エレメントサイフォンのMP回復量はスキル依存で計算式は以下のとおり
(スキルー50)×曜日天候倍率 (キャップ35%
私の場合だと、計算式で最高396.9なのですが、intされて回復量396となります。

で、サイフォンがスキル依存ということでマクロも当然スキル優先なのですが、
ここで出てくる問題が神代を使うかどうかって事です。
神代はスキル+がついてくるのはいいのだけど、
維持費ーがついてない分MP回復量が上がっても赤字になったりとか、
そういう心配があるのかもしれません。
でもそれってマクロで解決できます。 
というかしてます。

そんなわけでエレ召喚からサイフォンまでのマクロを書き出してみます。
例として風エレ使いますね。

風エレ召喚 マクロ
/ma 風精霊召喚 <me>
/equip頭  サマナーホーン
/equip胴  サマナーダブレット
/equip脚  サマナースパッツ
/equip足  EKピガッシュ+1
/equip武器 フェイクロージャー

           (基本的に曜日に合わせて呼ぶので胴はサマナー
             天候に合わせる事もあるので頭もサマナーです
              逃げるときにエレを呼んだりするので維持費ー優先装備    

エレを呼び出した後に以下のマクロを2つ、
タイミングよく順番にポン、ポンと押しています。

サイフォン寸前着替え マクロ
/equip頭  EKホーン+1 
/equip手    SMブレーサー+1
/equip脚  オラクルブラコーニ
/equip足  ナシラクラッコー
/equip首  サモニングトルク
/equip背  慧敏の羽衣 

エレメントサイフォン マクロ
/equip武器  神代の杖  (召喚スキル+7 ペット魔命+2
/equip耳1  サモニングピアス
/equip指2 エボカーリング
/ja   エレメントサイフォン <me>
/wait 1
/pet 神獣の帰還 <me>

はい、これでエレメントサイフォン完了です。
召喚した後に2マクロ押すようにしていますが、
私はヒーリング状態からでもリキャが来たらサイフォンする事があるので、
立ち上がってサイフォン実行までにフルスキルになるように組むとこうなりました。

私の中では割とヒットなマクロです。
要は維持費が発生する前に神獣の帰還をやっちまえばいいってことで、
神代に着替えると同時にサイフォン、そしてwait1挟んで帰還しています。
このマクロを使えば維持費を増やさずに神代のスキルだけを活用できるので、
スキル付の神代をお持ちであればサイフォンにも使えると思います。

以上、マクロ特集の最終回はとっても小ネタでした☆

長々と4回に分けてマクロの事を書いてきました。
記事内で実際に私が使っているマクロも書きました。

「え? なんでこの位置にこの装備着替えが入ってるの?」

っていう感想を持たれた方もいるかもしれません。
だたそれは、他のマクロからの一連の流れがあり、
他のマクロに関連付けして最適装備を組もうとするとこうなる。
どうしてもその位置にその着替えが必要だから入れているんです。
これは使っている本人しかわからない事ですネ!

マクロを組むということはオリジナリティーの追求なんだと思います。
装備なんてFFをやり込んでいけば没個性になります。
でもマクロはやりこめばやりこむほど個性が出るような・・・・
そんなモノだと感じています。
今後もいろんな装備が増えるたびに、私のマクロも変わっていくでしょう。
メンドクサイけど楽しいよね。 マクロって。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

マクロ 3

マクロ特集第3弾。
今回は験術系についてなんですが・・・
その前に、裏パッチが当たってる箇所があるので書いておきます。

まず、召喚獣が静寂になった場合でも魔法履行が撃てる仕様に戻されていますね。
これ、多分4月の調整で戻されたんじゃないかな。
元来、召喚獣の魔法履行は静寂関係無しに撃てていました。
私の記憶が間違ってなければ、プライム履行実装の次のアップのときに下方修正。
その時のアップで静寂中に履行撃つとゴゴゴのまま不発するようになりました。
で、現在は静寂無関係で撃てる仕様に戻されています。

もう一つ、 <me>タゲの験術でもゴゴゴ着替えがやりやすくなりました。
前の仕様だと、<me>タゲの剣術を指示して、ゴゴゴ中に着替える場合、
点滅を伴う着替えをやると召喚獣がゴゴゴのまま固まっていました。
これも修正されましたね、今はどのタイミングでどんな着替えをしようと、
履行不発になることはなくなりました。
1月の時点では不発になってたと思うので、これも4月修正かしら。

以上、私が気づいた裏パッチです。
静寂に関しては元に戻っただけですが、
上方修正なので喜んでおきましょう。
それにしても開発さんは裏パッチが好きですね。
「ユーザーのみなさん気づくかなー^^?」
とか言いながら実験な感じで裏パッチ当ててるのでしょうか?
もしそうだとしたらその性格の悪さ・・・・嫌いじゃないゾっ!☆

で、私が気づいた裏パッチの話が終わってやっと験術マクロの話。
でも、今日は実際に使っているマクロを書き出すのはやめておきます。
っていうのも、験術はそれぞれ着替えがバラバラなので書けないのです。
なのでマクロに組み込む装備の考え方を書いておきます。

実のところ私は、験術ではゴゴゴ着替えを殆どやっていません。
ゴゴゴ着替えをやるのはルナークライなどの敵にかける験術だけになります。
他の験術は、履行によってスキル優先とかキャスト優先とか、
そんな感じで履行ごとに別の着替えを入れています。

基本的な考え方として、
スキルが関係ない験術はリキャ短縮装備を優先。  (大地等
スキルで効果時間が延びる験術はスキル装備を優先。  (紅蓮等
ある程度のスキルでキャップしてしまう験術はキャップ値以降は短縮装備。 (雷鼓等
敵にかける験術は攻撃履行と同じ命中ゴゴゴ着替え  (ルナークライ等

こんな感じでわけてマクロを組んでいます。
こんなわけ方するのもゴゴゴ中に点滅着替えすると不発になってたからなのですが、
今となっては<me>験術もリキャ短縮とスキルを両立させる事がやりやすくなりました。
が、私のFF環境下では、強化験術をリキャストごとに使う事がまずありません。
しいて言えばスガポの時なのですが・・・
スガポはリキャ短縮はそんなに意識せずとも回せます。
そして、今スガポに多用してる履行はスキル無関係なやつばかり。
ヘイスガがスキル依存ですが、ゴゴゴ着替えするまでもなくキャップできますしね。

そういうことで験術については今後も同じ考え方でいくと思います。
験術は履行によってマクロが違うので、今日はマクロを書けませんでした。
実際に使っているマクロを書かないと記事が短くてスッキリです。
マクロのオハナシの連載はもう少しだけ続きます・x・☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

久しぶりのスガポ(笑)

マクロ特集の連載中ですが、ちょっとスガポの記事を挟みます。
私自身スガポに行ったのは超久しぶり。
なんつか、某所でスガポの人とかスガポ本家とか言われてたみたいですが、
スガポ(笑)という呼称自体は私が考えたものではありませんのでご注意下さい。

私の想像以上な感じで話題になってしまってたっつーのと、
私は別にスガポ(笑)の伝道者、または布教者のつもりは毛頭の先の細胞の、
細胞内のゴルジ体を形成する分子の一つ分くらいしか持ってなかったので、
ヒネクレ者の私はちょっと「脱スガポ(笑)」をしていました。

そんな感じでちょっとガポる事をお休みしてたのですが、
強力なオトモダチからスガポに行こうとお誘い頂いたので行ってきました。
アポカリスト&踊り子を含むちょっと変則的なスガポです。
面白そうなスガポのオファーには乗るしかないでしょうって事で行っちゃった☆
むっちゃ面白かったです。
ってことで記事にします。

8月12日 
場所 上段
構成 ア/侍 戦/忍 踊/忍 詩/忍 赤/白 召/侍  
月齢 十六夜   
サポ侍、常時八双  武器 マーシャル(オグメ:クリティカル+1)
食事 マリナーラピザHQ

まずRepを。

倒した数:280 平均獲得経験値:127.3(+62.2)
総獲得経験値[内専心]:55092[2034]平均戦闘時間/間隔:27.0s/5.3s
総狩り時間[戦闘/間隔]:2h30m29s[2h5m57s/24m32s]
時給[専心抜]:21966.0[21155.0] 総獲得ギル:4398G
最大チェーン/平均:129/46.0

モンスター____________ __累計 __割合 総戦闘時間 ____平均 標準経験値 __平均
Mamool Ja Blusterer___ ____48 _17.1% ____23m34s _____29s ______7082 _147.5
Mamool Ja Infiltrator_ ____24 __8.6% ____11m49s _____29s ______3266 _136.1
Mamool Ja Lurker______ ____24 __8.6% ____12m37s _____31s ______3329 _138.7
Mamool Ja Mimer_______ ____23 __8.2% ____11m33s _____30s ______3252 _141.4
Mamool Ja Philosopher_ ____23 __8.2% ____12m20s _____32s ______3394 _147.6
Mamool Ja Pikeman_____ ____47 _16.8% ____24m34s _____31s ______6501 _138.3
Mamool Ja Stabler_____ ____48 _17.1% ____22m48s _____28s ______6521 _135.9
Mamool Ja's Raptor____ _____2 __0.7% _______20s _____10s _______131 __65.5
Mamool Ja's Wyvern____ ____41 _14.6% _____6m22s ______9s ______2177 __53.1

与ダメ__________ ___全部(___._%)__________ __通常___________ その他___________
Badger/侍_______ __90734(__8.0%)[_43224/h] _58505[_901/1020] _32229[__96/_102]
踊/忍  _______ _117039(_10.3%)[_55755/h] 113902[3220/3904] __3137[__83/__87]
戦/忍  _______ _351768(_31.1%)[167575/h] 211329[1261/1340] 140439[_178/_178]
ア/侍  _______ _568905(_50.3%)[271015/h] 340814[1481/1568] 228091[_304/_312]
技連携__________ ___1430(__0.1%)[___681/h] ______[____/____] __1430[___4/___4]
累計____________ 1130866(100.0%)[538721/h]

与ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________ __クリティカル___
Badger__________ _58505 __64.9[_151/__29] _88.3%[_901/1020] _10.0%[__90/_901]

与ダメ・その他__ _____________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Badger__________ スピリットテーカー___ _18300 _261.4[_516/_152] _93.3%[__70/__75]
________________ レトリビューション___ _13929 _535.7[_853/_307] _96.3%[__26/__27]

HP回復/吸収系___ __累計 __平均 ___数_
赤/白  _______ _29399 _219.4 [_134]
踊/忍  _______ _86893 _423.9 [_205]

えと、結果から申し上げますと・・・・
アポカリすげええええええええええ!
踊り子すげええええええええええ!
と、こうなります。

アポカリストの強力な削りを踊り子の超回復でサポートですね。
この2人はセットで考えた方がよさげ!
つか、この人たちは2人ともレリッカーなんだ・・・
実はこの踊り子さんは、結構前に一緒にスガポに行ったマンダウさんです。
私のオトモダチは怖いです;

っと、オトモダチを褒めちぎるのはここまでにして冷静に分析。
まず、場所が空いてなかったので上段に行ったのですが、
ちょっと湧き待ちするくらいの火力でした。
魔笛奪還直後だったので時給的には上限ですね。
火力過多な感じがあったので、途中から赤がディア2省いて調整したりしてました。
これ以上削りを上げるとぶつ切りになったと思います。

私の動きとしては、
ヘイスガ>下弦>大地の定番履行ローテーション。
もうスガポの強化履行はこの3つだけでいい気がしてきt
ただいつもより大地の数を増やしたかったので、
3分間で上記の3つの履行を完全にローテしていました。

今回の私はサポ侍とヘイストサンバが合わさってすごい事になりました。
MP量は余裕がありすぎ。 MPというかTPが余るのですよ。
サイフォンも3回しかしてないし、リフレもらったの2回だったかなぁ
かといって有り余るMPで攻撃履行を使ってしまうとアレなので、
アと戦のWSの様子を見ながらレトリビューションを撃っていました。
私のWS中、3割近くがレトリというかなり脳筋化した動きです。
メリポクラスの敵にレトリが800超とか出すと面白いですね。

ぶっちゃけ、TP(MP)の変換効率で考えたら、
余るMPで私の削りを上げる場合にはプライムを撃つのがいいと思うのですが、
上段ではそれができない! できにくい!
みんなが本気出しすぎるとチェーンぶつ切りになりすぎますしね、
ぶつ切りの方が時給が上がるのかもしれませんが、
手持ちぶさたになる感じがちょっと苦手だったりします。
やっぱ火力あるときは翡翠前行きたいですね。

いつかこの構成で翡翠前やってみたいなーと思いつつ。
久しぶりのスガポの記事はサラリと終ります。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

マクロ 2

マクロ特集第二弾。
今回の記事はゴゴゴ着替えについてです。
私のブログの読者様には、「ゴゴゴ着替えってなんぞ?」っていう読者様いないはず。
なので「ゴゴゴ着替えとは何なのか」の説明は割愛。

今回は私が実際に使ってるマクロを並べてみます。
リキャストごとに履行しては座る、いわゆる「履行スクワット」を例として、
ヒーリングから履行完了までの一連の流れを全て書きます。
ガルーダを使ってのプライム履行スクワットの一例です。

ではいきましょう。
まずヒーリング状態からの開始です。

ヒーリング防具   マクロ
/equip武器 プルートスタッフ
/equip頭  ミラーティアラ 
/equip胴  EKダブレット+1
/equip手    オラクルグローブ
/equip脚  オラクルブラコーニ
/equip足  アヴォカピガッシュ

ヒーリングアクセ マクロ
/equip首  誇大の首鎖
/equip腰  キキルンサッシュ+1
/equip耳1  防毒のピアス
/equip耳2 リラクシングピアス
/equip指2 スターリング
/equip背  鬼神の外套

      (指1は常時スターリング固定につき、
          指2だけをエボカーリング>>スターリングに切り替えています。

そして立ち上がって召喚魔法詠唱。

ガルーダ召喚   マクロ
/ma ガルーダ召喚 <me>
/equip頭  迦楼羅鉢金
/equip胴  ペナンスローブ
/equip手    ナシラゲージ
/equip脚  EKスパッツ+1
/equip足  EKピガッシュ+1

このマクロで召喚魔法を詠唱していますが、
詠唱中に以下のマクロを3つ押します。

ペナンス マクロ  
/equip武器 フェイクロージャー (維持費-3 ペット攻飛攻+6 ペット魔攻+2
/equip首  サモニングトルク  
/equip胴  ペナンスローブ
/equip手    ナシラゲージ
/equip脚  EKスパッツ+1
/equip足  EKピガッシュ+1

       (風曜日には胴をサマナーダブレットにした別マクロを押す
             同じ内容で胴だけ変えたマクロを用意しています

カルラ マクロ
/equip武器 フェイクロージャー (維持費-3 ペット攻飛攻+6 ペット魔攻+2
/equip頭  迦楼羅鉢金
/equip首  サモニングトルク 
/echo  <pet>のTP □□ <pettp> □□ 
/recast  契約の履行 幻術
/recast   エレメントサイフォン

              (他の召喚獣は魔人帽、天候合ってればサマナー角のマクロを押す
        これも胴と同じく、頭だけ別バージョンのマクロを用意しています。
                    ってか、魔人の帽子はまだ取ってないけどすでに組み込み(笑) 

通常アクセサリー マクロ
/equip首  サモニングトルク
/equip腰  錦の帯   (ペット魔命+2
/equip耳1  サモニングピアス
/equip耳2 ロケイシャスピアス (特に意味なし。 昔のマクロのなごr
/equip指2 エボカーリング
/equip背  慧敏の羽衣 

ここまでで召喚完了ですが、大丈夫ですか? ついてこれてます?
要するに、召喚魔法の詠唱中に天候や曜日に合わせ最適な防具を選び、
そしてアクセサリーを通常の状態に戻してるんです。
防具関係とかかなり重複していれていますが、
上記の胴装備や頭装備などの防具関係のマクロは、
本来は召喚獣だしっぱ時の履行終了時に維持費を最低にするためのマクロで、
それを呼び出し直後にも流用しているだけなのです。

物理履行が終わった直後にも押すマクロなので、
サモニングトルクをいろんな所に入れています。
物理履行にはサクリフィストルクを使っているので、
履行終了後はできるだけ早くサクリフィスをはずすためです。
杖を重複させているのも同じ理由です。
最大命中が欲しい時には神代を使うので。

はい、今召喚獣が出てきていますが文章で書くと長いですね。
実際はここまでで約5秒。
そして攻撃へ。

神獣の攻撃
/pet  神獣の攻撃 <stnpc>
/echo  <pet>のTP □□ <pettp> □□ 
/recast  契約の履行 幻術
/recast   エレメントサイフォン

                  (recast関係とペットTPのマクロはいろんなところに放り込んでます。

そしてそしてやっと履行。

ウインドブレード マクロ
/equip頭  サマナーホーン
/equip胴  陰陽師浄衣
/equip手    SMブレーサー+1
/equip脚  サマナースパッツ
/equip足  サマナーピガッシュ
/pet     ウインドブレード <stnpc>

           (最後の行にウインドブレードを入れるのはラグ対策のつもりです

そしてお待ちかねのゴゴゴ着替え。
履行指示してから履行発動までの間、
召喚獣がゴゴゴゴゴゴゴゴg・・・・・ってなってる間に着替え。
最大命中バージョンでお届けします。

スキル344  マクロ
/equip武器  神代の杖  (召喚スキル+7 ペット魔命+2
/equip頭  EKホーン+1
/equip胴  ロイヤルルダンゴト  (ペット魔命魔攻+7 ペットDA2Crit2
/equip手    SMブレーサー+1
/equip脚  オラクルブラコーニ
/equip足  ナシラクラッコー

        (ゴゴゴ着替え用のマクロはいろいろ用意しています。
         プレデタークロー専用、スピニングダイブ専用。
          最大物理攻撃力優先、ある程度物理命中確保した物理攻撃。
           などなどなど、いろいろ用意して敵と履行に合わせてチョイス。
            実は、上の最大命中着替えは滅多に使わないマクロです。

そしてそしてそしてやっとの事で履行発動!
うはっww うちのガル子TUEEEEEEEEEEEE!!!!!!
とか余韻に浸ってる場合じゃないです。
早いとこ召喚獣しまいましょう。

神獣の帰還 マクロ
/equip胴  陰陽師浄衣
/equip手    ナシラゲージ
/recast  契約の履行 幻術
/recast  契約の履行 験術
/recast   エレメントサイフォン
/pet   神獣の帰還 <me>

              (これ、神獣の帰還をしつつ履行リキャストが見れるマクロです

で、帰還させたら早いとこ座りましょう。
そして最初のヒーリングマクロに戻ります。
以下、ループループ。

これが履行スクワットをする場合のマクロの一連の流れです。
ガチ固定、殆ど動かない敵を想定して書いてみました。
敵が動きまくっている状態、いわゆるマラソン状態のときは、
履行指示と神獣の攻撃のマクロを逆に押したほうがうまくいくとか、
細かい事言い出すとキリがないので割愛割愛。
そのアタリは経験的なものが大きいので一概には言えませんしね。

しかし、文章で書くと長いですね。
上の一連の動作を実際にやると15秒程度です。
出来るだけ早く終わらせて、速やかにヒーリングに入るのが履行スクワット。
これをやっているだけでモリモリ削ってしまうのが召喚士。
ぶっちゃけ、装備依存が高くてウデ依存度の低い動きなので簡単です。
動きが簡単な分、どれだけマクロの数が増えても苦にならない。
履行スクワットとはそんな動きだと思っています。

てゆっか、いい加減記事長いです。
とりあえず、ここまでにしておきましょう。
でもマクロの記事はまだまだ続く・x・☆

   ☆8/10 追記
    9日に魔人の帽子を作りました。
    オーグメントは
    ペット被ダメー10%
    ペットクリティカル+3%
    青と2人でインプをやるときに使ってみましたが。
    想像以上にいい装備でした。
    ただし、グラは最悪。 装備すると変な人になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

マクロ

さて、コメントでマクロについて軽く質問をいただきました。
あと、私のブログ経由でメール下さる方の質問の殆どがマクロ関係って事もあり、
いい機会なのでマクロについての記事を書いてみようと思います。
っと思ってメモ帳に書きたい事をまとめてたらすごい量になってしまtt

つーわけで連載っぽい記事にする事にします。
マクロ考察、今回は第一回目にしちゃいます。 何回目まで伸びるかは不明!
わーい、これでまたエントリー数稼げるよー^^
キッカケを下さった「迷ってる召喚士」さん、本当にありがとうございます。

そんな感じでBadger的マクロ考察。
が、まず念頭に置いていて欲しい事が2つあります。
まず一つ、私はマクロを片付ける事がすごく下手だって事。
もう一つ、私はほとんど全ての行動をマクロからやっている事。
以上の2つを踏まえて・・・・・

「こいつのマクロの組み方www バカジャネーノwwwwwww」

っと、笑ってあげて下さい^^^^

ではいきましょう。
まずはマクロの並べ方からなんですが、
私はsetのコマンドもbookのコマンドも使いません。
そしてPS2のコントローラーを使っています。
ほぼ全履行をマクロ登録して、その全てに着替えが入っています。
もう上下左右にボタン押しまくりです。 デキる召喚士はそれでも全く混乱しません。
本当は嘘。よく混乱してるっていうウワサも聞いたりします。
出来るだけ混乱しないように、自分なりに一定の法則を作って並べているのですが、
正直、オススメできるような片付け方ではありません!
でも晒しちゃいますy

まず基本として、自分及び味方にかかるものはR1ボタンにまとめています。
ナ系魔法やケアル、ヘイスガ等の味方にかける履行は全てR1です。
で、敵にかけるものは全てR2に入れています。
攻撃履行とか弱体履行、ディアとかスタンなどなど・・・が、R2になります。

これだけでは全然さっぱりな法則なのでさらに法則を追加。
マクロのスロットは横並び10ありますが、9種の召喚魔法を曜日順に並べています。
もちろん全ての召喚魔法詠唱に、維持費が最小になる着替えを仕込んで。
9種の召喚魔法を並べるとスロットが一つ余るので、
私は右端に【神獣の帰還】コマンドを入れています。
コレで呼び出し系のセットは完成です。
私の場合は、R2の10が呼び出しセットです。

で、呼び出しセットから一つ下にセットをズラすと、
そこには70履行のセットがあります。 
これも曜日順に並んでいます。ここは右端に【神獣の攻撃】を入れています。
もう一つ下にズラすと、4系魔法とネザーのセットがあります。
これも曜日順に並んでいます。
さらに下にズラすと、もっと低レベルで覚える履行が並んでいます。
これもまた曜日順に並んでいます。

呼び出しセットから一つ上にセットをズラすと、
プライム履行のセットがあります。プライム履行は2種しかないので、
呼び出しマクロの風と水の真上にしかプライム履行のマクロはありません。
余った場所にはゴゴゴ着替え用のマクロを数種入れています。
そして右端には【神獣の退避】コマンド。

R2の10に呼び出しセットを入れているんですが、
呼び出した状態でR1を押すと、そこには強化履行が並んでいます。
これも曜日順に並んでいます。
下に動かすとさらにレベル下で覚える強化履行が並んでいます。
これも曜日順に並んでいます。

うん。我ながらわかりにくい説明です。
要するに、マクロの縦の並びは属性を固定してるのです。
例えば、ガルーダ呼び出してそのまま下に動かせばプレデタークロー。
上に動かせばウインドブレード、そしてそのすぐ隣にゴゴゴ着替え数種。
そして右端には召喚獣をコントロールするコマンドが縦に並んでいる・・と。

うへ、書いてみて思うけどこれって全く参考にならなくないですか?
でもこんな感じで法則作って並べてるんです。
で、もう位置を覚えちゃってるもんだから・・・・・
呼び出し以降はマクロをあまり見てない事が多い事が多いかも。

例えば・・・

ガルーダ呼び出し>下一回最右 これで攻撃が完成です。
ガルーダ呼び出し>下一回>右一回 これでウインドブレード即撃ち完成です。
ガルーダ呼び出し>R2下2回の風の位置のスロット これでヘイスガ完成です。

何をやってるのか私にしかわからないと思う!
もし詳しく知りたい方、私の部屋で一緒にFFやりましょう!
うん、そうでもしないとわかってもらえない気がするんだ・・・
これは一回リアルで見てもらわないと説明が無理ぽい!

ってのは半分冗談ですが、
とりあえず私のマクロの並びはマネしない方がいいですよ。
出来ればブックやセットのマクロを使ってオシャレに片付けましょう。
片付け方は人それぞれですが、とにかくある程度の法則性を作りましょうって感じ。
私が言いたいのはそれだけです。

並 び 方 に 法 則 を 作 り ま し ょ う !

はぁはぁ; とりあえず法則作り推奨は強調しておきますね;
そしてその法則はアナタ次第ですよ;

以上が私のマクロの並べ方、使い方です。
この人は新召喚獣が追加されたらマクロの並びはどうするんだ?
という疑問と心配の成分がとっても含有されてるわけですが、
未来の事は未来になってから考えるタイプの私はそんなの気にしない。
最近なぜかハイ気味の私のマクロ暴露は次回へと続く・・・・

次回は質問の多いゴゴゴ着替えについてです。 お楽しみに・x・☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »