« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月

2010年1月23日 (土)

東京

今日は日記っぽく書いてみようと思います。
FFの事のようなリアルの事のようなそんな記事です。
このブログの解析を見てると、毎日たくさんの方が見てくれている事を痛感します。
更新も殆ど出来なくなってしまったというのに、
いつも来て下さってる皆様、ありがとうございます。

本当はFF内でのデキゴトを書ければいいのですが・・・・
正直、このブログはもうFFブログとしては機能していません。
なにしろ私がなかなかイン出来ないカラダになってしまったので、
前と同じようにはいかなくなりました。
このブログの存在する意義すら怪しいです。

だけど見て下さってる方がいる以上、何かを書きたいと思ってしまう。
読んで下さってる方に感謝の意を込めて、今日もクダラナイ記事を書きましょう。
「私」でも、「Badger」でもなく、完全に「書いている人」の言葉で。

先日、ちょっと重大な用事があって東京に行ってきたのですよ。
いえ、正確に言うと行き先は神奈川だったのですが、
全九州人を代表して言わせてもらいますと、関東は全部東京に見えます。 (マジだ?
県境とか全然わかりませんし・・・・ どこがどこやらって感じです。
これは関東の方が九州をひとくくりにしてしまう感覚と同じだと思います。

そんなわけで、羽田に飛んだときはとりあえず「東京に行った」と言うことにしています。
それで十分通用しちゃいます。 してる・・・よね?
って事で神奈川に行ったけど東京に行ったのです。
だから記事タイトルは東京でおk! いいのか?

私が神奈川にいたその日は、 都内でLSメンとかフレの集いの日でした。
いわゆる「オフ会」ってやつですね。
うちの身内達は結構オフ会をやってる方だと思います。
私も結構お誘いはいただくし、そういう祭りには参加したい系の人なのですが、
オフ会開催地が都内で、私は福岡在住。 そんなわけでいつも参加出来ない。
今回のオフ会もそんな調子で参加を濁しつつ、
行けないって一応お断りしたようなそうでもないような。

だけど実はその日、私はオフ会やってる上野のかなり近くにいたんですよ。
でも、どうしてもハズせない用事があったので参加できなかったのです。
身内のみんな、内緒にしててごめんね。
ずっと前から計画してた用時だったからハズせなかったの。
でも、今後も神奈川に足を運ぶ事はあると思うので、
その時はぜひ一緒に遊んでほしいです。
というか俺の都合に合わせてオフ会組んで><
とか、わがまま言ってみよう^^

うちの身内たちはFFとリアルの境を作ってないやつばかりなので、
オフ会とかすごく楽しそうなんですよ。
私はまだ一度も参加してないんですけどね!
次こそは参加してやるうううう!!! っと思っています。
ネットで出会って、物理現実の世界でも一緒に遊んでとか、
そういうのすごくステキな事だと思います。
ある種の危険性が内包されてるとはいえ、
ネットで人と知り合う事の醍醐味の一つですね。
この楽しみはネットでよく遊ぶ人にしかわからない事だと思います。

リアルと完全隔離してネットの世界を楽しむという遊び方も十分アリですが、
私達みたいに境無く付き合うのも本当に楽しい事です。
私はLSメンにお歳暮を貰った事もあります。
ほんと、ネットだからとか区別の無いヤツラで面白いです。

私はネット、そしてFFを通してそういう楽しさを知りました。
FFを通してたくさんのいい出会いがありました。
悲しい事も無くはなかったけど、人生感と人生を変える程の出会いもありました。
そういう出会いを大切にしていきたい、生きたいと心からそう思います。

言うまでもなくネットの世界は広大です。
それこそ世界中の人と出会えます。
そんな広大な世界に触れられる環境がありながら、
リアルという近場だけで人間関係を構築する理由なんてどこにもないと思うのです。

ネットだろうがリアルだろうが出会いは出会いです。
どこで出会おうが、出会いは個人の人生に干渉します。
私の人生もネットを通して大きく変化しました。
ヴァナの人たちとの出会いがなければ、
今の私は無かったし、これからの私も無いと断言できます。

 「現実世界とは明らかに違う場所でありながら、
            そこでの出会いは現実世界と何ら変わりない」

私にとってのヴァナディールは、そういう場所でした。
皆さんにとってのヴァナディールは、どんな場所ですか?

ふふふw こんな書き方するとまるで最終回っぽい記事ですネw
残念ながらそういう気はサラサラ無いのです。
気が向いたらまた何か書いてみますよっ!
あ、そういえば皆様、明けましておめでとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »